2014年05月02日 18時30分 公開
特集/連載

Windowsタブレット向け 細か過ぎて伝わらない「Windows 8.1 Update」ガイド次第に使いやすくなるWindows 8.1

利用が増えているWindows 8.1搭載のタブレットデバイス。2014年4月に配布された最新アップデートではユーザーインタフェースなどが改良された。タブレットユーザー注目の機能を紹介する。

[Sarah White,TechTarget]

 米Microsoftの「Windows 8.1」初のメジャーアップデート「Windows 8.1 Update」の提供が開始された。このアップデートでは、タブレットユーザーの役に立つ(細かいが重要な)ユーザーインタフェースの改良が多数行われている。

 今回のアップデートはWindows 8.1の本格的なオーバーホールとは到底いえない。だが、細かな問題や不具合が修正され、「デスクトップ」と「スタート画面」の融合が進んでいる。デスクトップPC、ノートPC、ハイブリッドPCユーザーにとって、マウスとキーボードのサポートが追加されたことは朗報だろう。これまでWindows 8/8.1はタッチインタフェースに大きく傾倒しているように見えた。だが、このアップデートにはタブレットやハイブリッドPC以外のユーザーにとってWindows 8.1が使いやすくなるような機能が盛り込まれている。

 このアップデートは累積的な修正プログラムである。つまり、セキュリティ関連の2つの新しい修正プログラムを含め、これまでにリリースされたWindows 8.1の全修正プログラムが含まれている。デバイスを最新の状態に保ち、互換性を維持するために、このアップデートのダウンロードは全てのWindows 8.1ユーザーにとって必須だろう。

スタート画面に電源ボタンが付く

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...