2014年04月25日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 8.1 Update」はもう適用した? マイナーアップデートを超えた使いやすさへの評価を見るスタート画面やタスクバー変更にユーザーは納得か

2014年4月9日に配布が始まった「Windows 8.1 Update」。特に目を引くのが、使いにくいというユーザーの声に応えた変更点だ。ようやく前向きに取り組んだMicrosoftに対するユーザーの評価は?

[Charles P Jefferies,TechTarget]
photo 《クリックで拡大》

 米Microsoftの「Windows 8.1 Update」(以下、8.1 Update)の主な目的は、キーボードとマウスを使用するユーザーのためにOSを使いやすくすることだが、それだけではない。本稿では、この最新版のWindowsを最大限に活用するために知っておくべき幾つかのコツを紹介する。

タスクバーの変更点

 これまでWindowsを長年使用してきたユーザーにとって、「Windows 8」でとっつきにくかったものの1つが「タスクバー」だろう。タスクバーに関する第1段階の変更として、Microsoftは「Windows 8.1」でスタートボタンを復活させた。だが、この復活したスタートボタンをクリックして行われたのはスタート画面に戻ることだけだった(これはパン操作向けの変更で、タスクバーに関する変更の序章にすぎなかった)。8.1 Updateでは、タスクバーにさらに変更が加えられている。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...