2014年04月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

スタート画面やタスクバー変更にユーザーは納得か「Windows 8.1 Update」はもう適用した? マイナーアップデートを超えた使いやすさへの評価を見る

2014年4月9日に配布が始まった「Windows 8.1 Update」。特に目を引くのが、使いにくいというユーザーの声に応えた変更点だ。ようやく前向きに取り組んだMicrosoftに対するユーザーの評価は?

[Charles P Jefferies,TechTarget]
photo 《クリックで拡大》

 米Microsoftの「Windows 8.1 Update」(以下、8.1 Update)の主な目的は、キーボードとマウスを使用するユーザーのためにOSを使いやすくすることだが、それだけではない。本稿では、この最新版のWindowsを最大限に活用するために知っておくべき幾つかのコツを紹介する。

タスクバーの変更点

 これまでWindowsを長年使用してきたユーザーにとって、「Windows 8」でとっつきにくかったものの1つが「タスクバー」だろう。タスクバーに関する第1段階の変更として、Microsoftは「Windows 8.1」でスタートボタンを復活させた。だが、この復活したスタートボタンをクリックして行われたのはスタート画面に戻ることだけだった(これはパン操作向けの変更で、タスクバーに関する変更の序章にすぎなかった)。8.1 Updateでは、タスクバーにさらに変更が加えられている。

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...