2014年03月17日 08時00分 公開
特集/連載

“おなじみのWindows”に戻りつつある「Windows 8.1」のジレンマハードウェア要件の緩和で低価格デバイスも増加へ

更新プログラムによって機能追加が予定される「Windows 8.1」。追加される機能の幾つかは旧バージョンのWindowsが持っていた“おなじみ”の機能を復活させるようだ。

[Diana Hwang,TechTarget]

 市場の需要に屈して、米Microsoftは幾つかのWindows 8.1の更新プログラムのリリースを今後予定している。これらの更新プログラムにより、タッチ操作に対応していないデバイスの利便性が高まるとともに、Windows 8のハードウェア設計の要件が広がり、以前のバージョンの「Internet Explorer」(IE)との互換性が向上する。

 このMicrosoftの最新の動向は、企業や開発者コミュニティーにWindows 8やWindows Phoneを売り込む同社の戦略の一環だ。

Windows 8.1の更新プログラムで操作性が向上

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...