2014年06月20日 12時00分 公開
特集/連載

巧妙なサイバー攻撃急増でもクラウドの利用を思いとどまってはいけないオンプレミスと同じセキュリティ戦略をクラウドにも

最新の調査報告によると、企業でアプリケーションなどの資産をクラウドに移す動きが進む中、サイバー犯罪者は対オンプレミス環境と同じ手法を用いて、クラウド環境にも攻撃を仕掛けるようになってきているという。

[Brandan Blevins,TechTarget]

 クラウド型(SaaS型)セキュリティサービスのプロバイダーである米Alert Logicは、同社のIDS(不正アクセス監視システム)を利用する2200社以上の顧客からセキュリティインシデントに関するデータを収集し、調査結果をまとめた。

 顧客の約80%はクラウドホスティング事業者で、残りがデータセンター事業者だ。調査には、Alert Logicが世界各地のパブリッククラウドインフラに置いているハニーポットのデータも使われている。

「アンチウイルスソフトは使いものにならない」ではない

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...