クラウドソーシングで“盗作騒動”に巻き込まれない方法“炎上”“風評”が変える企業のリスク管理【第5回】

安価かつ手軽な外注手段として存在感が増すクラウドソーシングだが、著作権侵害といったトラブルも相次いでいる。企業がクラウドソーシングと賢く付き合うにはどうすればよいのか。

2014年10月01日 12時00分 公開
[荒池和史,イー・ガーディアン]

 企業がインターネットを通じて、不特定多数の個人に仕事を発注する「クラウドソーシング」。新しい外注の形態として普及し始めたこのクラウドソーシングで、著作権の侵害や著作物の不正利用といった問題が顕在化しています。正式取引に至る前の成果物を企業が無断で利用したり、他の人が作った作品を自分の作品として提供するといったトラブルが相次いでいるのです。

 クラウドソーシングを利用する企業が注意すべきこととは何か。具体的な対策とは。トラブルの実例とともに解説します。

「パクリ」が横行するクラウドソーシング

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...