クラウドソーシングで“盗作騒動”に巻き込まれない方法“炎上”“風評”が変える企業のリスク管理【第5回】

安価かつ手軽な外注手段として存在感が増すクラウドソーシングだが、著作権侵害といったトラブルも相次いでいる。企業がクラウドソーシングと賢く付き合うにはどうすればよいのか。

2014年10月01日 12時00分 公開
[荒池和史,イー・ガーディアン]

 企業がインターネットを通じて、不特定多数の個人に仕事を発注する「クラウドソーシング」。新しい外注の形態として普及し始めたこのクラウドソーシングで、著作権の侵害や著作物の不正利用といった問題が顕在化しています。正式取引に至る前の成果物を企業が無断で利用したり、他の人が作った作品を自分の作品として提供するといったトラブルが相次いでいるのです。

 クラウドソーシングを利用する企業が注意すべきこととは何か。具体的な対策とは。トラブルの実例とともに解説します。

「パクリ」が横行するクラウドソーシング

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...