2014年11月25日 12時00分 UPDATE
特集/連載

脆弱性対策の“真打”登場?システムにログインして脆弱性を探し出す「認証済みスキャン」とは

システムに潜む脆弱性を詳細に把握する有力な方法が、システムへのログインを伴う脆弱性検査スキャンの実施だ。その効果を最大限に発揮するための5つのステップを解説する。

[Kevin Beaver,TechTarget]
tt_tt_Scan_01.jpg

 システムへのログインといった認証を伴う脆弱性検査スキャン(認証済み脆弱性検査スキャン)を実行することは、システムの欠陥を特定するのに役立つ。だが多くの企業は、この方法論に投資していないのが実情だ。本稿では、セキュリティの専門家であるケビン・ビーバー氏が、認証済み脆弱性検査スキャンを最大限に活用するための5つの方法を紹介する。

時間は掛かるが威力は多大な「認証済み脆弱性検査スキャン」

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...