2014年11月25日 12時00分 公開
特集/連載

システムにログインして脆弱性を探し出す「認証済みスキャン」とは脆弱性対策の“真打”登場?

システムに潜む脆弱性を詳細に把握する有力な方法が、システムへのログインを伴う脆弱性検査スキャンの実施だ。その効果を最大限に発揮するための5つのステップを解説する。

[Kevin Beaver,TechTarget]

 システムへのログインといった認証を伴う脆弱性検査スキャン(認証済み脆弱性検査スキャン)を実行することは、システムの欠陥を特定するのに役立つ。だが多くの企業は、この方法論に投資していないのが実情だ。本稿では、セキュリティの専門家であるケビン・ビーバー氏が、認証済み脆弱性検査スキャンを最大限に活用するための5つの方法を紹介する。

時間は掛かるが威力は多大な「認証済み脆弱性検査スキャン」

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...

news034.jpg

2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパー...

news023.jpg

「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか...