危険な「Heartbleed放置サイト一覧」が公開 攻撃者が悪用の恐れもいまだ30万サイト以上が未対策

OpenSSLの脆弱性である「Heartbleed」の対策が完了していない企業はいまだに多く、30万サイトが依然として危険にさらされているという。その理由に迫る。

2014年09月29日 08時00分 公開
[George Leopold,TechTarget]

 暗号化プロトコル「SSL(Secure Sockets Layer)」と「TLS(Transport Layer Security)」のオープンソース実装「OpenSSL」。その脆弱性である「Heartbleed」を放置しているWebサイトのリストが公開されている。

 このリストはWebサイト認証の安全性をチェックしたいユーザーを支援するために作られた。だがハッカーがパッチ未適用のWebサイトを特定し、個人情報をあさる目的で使っている――。セキュリティベンダーの米McAfeeは、こう警鐘を鳴らす。

最大級のWebサイトもHeartbleedの餌食に

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...