2015年02月05日 12時00分 UPDATE
特集/連載

導入前に押さえておくべきポイントを整理今からでも知りたい「次世代ファイアウォール」の基本、なぜ必要か?

既に多様なセキュリティ製品を稼働させている企業が、豊富な機能を備える「次世代ファイアウォール」を導入すべき理由とは何か。どのように導入、運用するのが効果的なのか。こうした疑問を解消する。

[Mike Chapple,TechTarget]
tt_tt_NGFW_01.jpg

 次世代ファイアウォール(NGFW)が情報セキュリティコミュニティーで注目を集めている。ベンダーは、「コンテキストアウェア型のネットワークセキュリティを実現する」との触れ込みで新製品を売り込み、企業市場で足場を築こうと躍起になっている。

 NGFWの新規導入プロジェクトを検討しているネットワーク担当者は、事前に幾つかの重要な問題をクリアしておかなければならない。それは導入目的の明確化、導入効果が最も大きい場所の特定、自社の環境に適した機能の選択だ。

「機能特化型製品」から「NGFW」へ移行すべき理由

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

電通ダイレクトマーケティングとCandeeがアフィリエイト型ライブコマースで協業
アフィリエイト型の料金体系のため、低リスクでのお試し出稿が可能。

news023.jpg

チャットアプリ利用率、「LINE」と「Facebook Messenger」の差は?――マイボイスコム調べ
わが国におけるチャットアプリのデファクトスタンダードとは。

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...