下がり続けるクラウドの価格、どのように比較すれば損をしないか目先の安さに惑わされるな

パブリッククラウドの運用に掛かる実際のコストを把握するには、各インスタンスの価格だけでなく、セキュリティ、サービスの種類、ネットワークコストなどの要素も考慮しなければならない。

2015年05月07日 15時00分 公開
[David LinthicumTechTarget]

関連キーワード

Amazon Web Services | Google Compute Engine


TechTargetジャパンが2014年に実施した調査より、IaaS選定基準《クリックで拡大》

 パブリッククラウドプロバイダーは、毎週のように値下げを行ったり、同じ価格構造でサービスの拡充を図っている。だが、クラウドの価格を比較するときに関わるのは数字だけではない。企業がクラウドサービスの最終的な価格を正しく理解するには、サービスの種類、ネットワークコスト、セキュリティなども考慮しなければならない。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「広告のムダ打ち」はなぜなくならない? アドフラウド以外に考慮すべき3つの視点
「アドフラウド」以外に、広告が届けたい相手にきちんと届くようにするために留意すべき...

news014.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年5月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...