2015年05月07日 15時00分 公開
特集/連載

下がり続けるクラウドの価格、どのように比較すれば損をしないか目先の安さに惑わされるな

パブリッククラウドの運用に掛かる実際のコストを把握するには、各インスタンスの価格だけでなく、セキュリティ、サービスの種類、ネットワークコストなどの要素も考慮しなければならない。

[David Linthicum,TechTarget]

関連キーワード

Amazon Web Services | Google Compute Engine


TechTargetジャパンが2014年に実施した調査より、IaaS選定基準《クリックで拡大》

 パブリッククラウドプロバイダーは、毎週のように値下げを行ったり、同じ価格構造でサービスの拡充を図っている。だが、クラウドの価格を比較するときに関わるのは数字だけではない。企業がクラウドサービスの最終的な価格を正しく理解するには、サービスの種類、ネットワークコスト、セキュリティなども考慮しなければならない。

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...