2015年05月07日 15時00分 公開
特集/連載

下がり続けるクラウドの価格、どのように比較すれば損をしないか目先の安さに惑わされるな

パブリッククラウドの運用に掛かる実際のコストを把握するには、各インスタンスの価格だけでなく、セキュリティ、サービスの種類、ネットワークコストなどの要素も考慮しなければならない。

[David Linthicum,TechTarget]

関連キーワード

Amazon Web Services | Google Compute Engine


TechTargetジャパンが2014年に実施した調査より、IaaS選定基準《クリックで拡大》

 パブリッククラウドプロバイダーは、毎週のように値下げを行ったり、同じ価格構造でサービスの拡充を図っている。だが、クラウドの価格を比較するときに関わるのは数字だけではない。企業がクラウドサービスの最終的な価格を正しく理解するには、サービスの種類、ネットワークコスト、セキュリティなども考慮しなければならない。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

クラウドサーカスがNFTの企画支援サービスを提供開始
キャラクター系、アパレル、化粧品メーカー、飲食・外食など自社ブランドやIPを有する企...

news151.jpg

Twitterが「ブランドいいね」を正式提供
日本、米国、英国、サウジアラビアで「いいね」ボタンのアニメーションカスタマイズ機能 ...

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。