2015年05月07日 15時00分 公開
特集/連載

下がり続けるクラウドの価格、どのように比較すれば損をしないか目先の安さに惑わされるな

パブリッククラウドの運用に掛かる実際のコストを把握するには、各インスタンスの価格だけでなく、セキュリティ、サービスの種類、ネットワークコストなどの要素も考慮しなければならない。

[David Linthicum,TechTarget]

関連キーワード

Amazon Web Services | Google Compute Engine


TechTargetジャパンが2014年に実施した調査より、IaaS選定基準《クリックで拡大》

 パブリッククラウドプロバイダーは、毎週のように値下げを行ったり、同じ価格構造でサービスの拡充を図っている。だが、クラウドの価格を比較するときに関わるのは数字だけではない。企業がクラウドサービスの最終的な価格を正しく理解するには、サービスの種類、ネットワークコスト、セキュリティなども考慮しなければならない。

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...