2015年05月08日 08時00分 UPDATE
特集/連載

パッチ未適用率が約8割のバージョンもJavaは“最も危険なソフトウェア”? セキュリティベンダーが指摘する理由とは

「Java」の安全性を取り巻く状況は、いまだ好転していない――。米セキュリティ企業が発行したソフトウェアの脆弱性に関する調査リポートから、そんな現状が見えてきた。

[Michael Heller,TechTarget]
画像 Java公式サイト《クリックで拡大》

 OSやアプリケーションの脆弱性とパッチに関する最新の業界リポートは、サポートが終了したソフトウェアのセキュリティリスクについて注意を喚起するとともに、米Oracleが管理する「Java」が最も脆弱な製品であると再び断じた。

 デンマークのセキュリティベンダーSecuniaが四半期ごとに発行するリポート「Secunia PSI Country Report」によると、2015年第1四半期に米国で稼働していたWindows Vista/7/8搭載クライアントPCの14%には、パッチが適用されていなかった。

 この数値は、2014年第4四半期の調査(12.5%)よりも増えており、パッチ未適用の傾向が強まっているようにも見える。だが変更管理製品ベンダー、米Tripwireのセキュリティリサーチャーであるクレイグ・ヤング氏は、「パッチ未適用システムは、実際には減少傾向にある」と指摘する。

Javaがパッチ未適用ソフトの常連に

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...

news026.jpg

債権回収にマーケティングオートメーション活用、イオングループ傘下のサービサーの取り組み
債権回収の場においても、チャネル横断やコミュニケーション最適化の視点はやはり重要だ...