2015年06月10日 08時00分 公開
特集/連載

医療現場でのiPad活用、代表的な4つのシーンとは?電子カルテやクレジット決済などに利用

米Apple「iPad」の医療現場での利用が進んでいる。その利用方法は医療機関によってさまざまだ。iPadを実際に利用しているクリニックを見てきた。

[馬場大介,iOSコンソーシアム]

医療現場で進む「iPad」活用、現場の声を聞いてきた

photo iPad発売直後から医療機関での利用が検討されていた。TechTargetジャパン記事「孫社長も驚いた『医療現場のiPad/iPhone活用』最前線」より《クリックで拡大》

 米Appleの「iPad」が2010年に発売されてから5年――。医療・ヘルスケア関連のiOSアプリも数多くリリースされ、医療現場でiPadを利用する事例も多い。iOS端末のビジネス活用を検討するiOSコンソーシアムがiPadを導入したクリニックや病院を訪問してヒアリングしたところ、iPadの性能を十分に活用しているというよりも「特定アプリ用専用機」「閲覧用モニター」といった比較的単純な用途で利用するケースが多いことが分かった。iPadを実際に利用するクリニックに話を聞いた。

1. 診療予約/受け付け用端末

ITmedia マーケティング新着記事

news052.jpg

メタバースが新たな戦場? コカ・コーラとペプシのライバル関係のこれからを占う
長年の間ライバル関係にある2つのブランドが、メタバースにおいて新たな局面を迎えている...

news090.jpg

FamilyMartVision × LIVE BOARDのクロスメディアパッケージ 首都圏で販売開始
店舗内と屋外のデジタルサイネージの連携で、来店率と購買率共に向上させることが期待で...

news073.jpg

「dポイント」を活用したデジタル販促ソリューション、D2Cが提供開始
約8900万人(2022年3月時点)が利用する「dポイント」を期間や用途を限定する形でインセ...