2015年07月08日 08時00分 公開
特集/連載

地域包括ケアシステムにおけるIT選定6つのポイント【連載コラム】医療ITの現場から(1/2 ページ)

地域包括ケアにおいて中心的な役割を担うITシステムである「地域連携システム」や「多職種間連携システム」。製品ごとの違いが分かりにくく選定が難しいこともある。選定ポイントを紹介する。

[大西大輔,メディキャスト]

関連キーワード

医療IT | 医療クラウド


診療/介護報酬改定に現れた明確な意図

photo 厚生労働省がイメージした2025年の医療・介護の連携モデル(TechTagetジャパン「医療・介護の未来予想図 2025年の医療ITは?」より)《クリックで拡大》

 2014年度診療報酬改定では、重点課題の中に以下の3項目が提示されました。

  1. 医療機関の機能分化・強化と連携
  2. 在宅医療の実質的充実
  3. 維持期リハビリの介護への移行

 また、翌2015年度の介護報酬改定の基本視点には、以下の3テーマが盛り込まれました。

  1. 中重症度の要介護者や認知症高齢者への対応の強化
  2. 活動と参加に焦点を当てたリハビリテーションの推進
  3. みとり期における対応の充実

 この連続した2つの改定は、高齢者が人生の最期まで、住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けるための「地域包括ケアシステムの推進」という明確な目的に基づいたものであり、医療と介護の「連携」という考え方を強く打ち出しています。

地域包括ケアの届出状況

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...