2017年10月25日 09時00分 公開
特集/連載

クラウドファースト時代、プライベートクラウドへの投資はいまだ健在「クラウドアーキテクト」を目指す人々へ(2/2 ページ)

[Jason Sparapani,ITmedia]
前のページへ 1|2       

プライベートにまつわる問題

 規模の大小を問わず、パブリッククラウド(特にAWS、Microsoft「Microsoft Azure」、Googleの「Google Cloud Platform」)に移行しようとしている企業に注目が集まる中、Gartnerのアナリスト、アラン・ウェイト氏はプライベートクラウドを取り上げ、「プライベートクラウドは消滅するのではないか」いう出席者の疑念を払拭(ふっしょく)した。

 同氏はプライベートクラウドの実装に関するGartnerの調査を引用し、アプリケーションのクラウド移行を計画している組織の40%が、2020年までにパブリッククラウドインフラを使用する考えがあり、残りの60%は、データセンター内に構築した社内プライベートクラウドや、外部プロバイダーが運営する外部サーバのプライベートクラウドにアプリケーションを移行する考えがあることを示した。

 「ワークロードをプライベートクラウドに移動すれば、セキュリティ、規制順守、パフォーマンスの点で非常にメリットがある。それは、恐らく遅延が許されないため、ワークロード同士が近くにある必要があるからだ」(ウェイト氏)

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...