2017年11月19日 05時00分 公開
特集/連載

Apple、Samsung、Amazon.comなどタブレットメーカー“ビッグ5” 決算が示す次の製品戦略

大手タブレットメーカー5社は第3四半期(2017年7〜9月期)にタブレットの出荷台数を増やした。これは何を意味するのか。Apple、Samsung、Amazon.com、Huawei、Microsoftの動向を探る。

[Ed Hardy,TechTarget]
画像 《クリックで拡大》

 大手タブレットメーカーのほぼ全てが第3四半期(7〜9月期)に出荷台数を増やした。Apple、Amazon.com、Huaweiは前年同期比で2桁以上の伸び率を記録している。Lenovoもほぼ同様に伸びを示したが、Samsung Electronicsのみが対前年比減となった。

 市場調査会社IDCは、世界のタブレット出荷台数が減少していると指摘するが、実質的にはこの減少傾向はとりわけアジアの小規模タブレットメーカーで起きている。上位5社だけで計算すると、出荷台数は第2四半期の2410万台から2670万台に増加し、伸び率11%を記録している。

表 《クリックで拡大》

企業別業績

ITmedia マーケティング新着記事

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...

news047.jpg

ハロウィーンの参加率が2年連続の低下――LINE調査
LINEリサーチによる「ハロウィーンに関する定点調査」の2019年版の結果が出ました。