2017年11月19日 05時00分 公開
特集/連載

タブレットメーカー“ビッグ5” 決算が示す次の製品戦略Apple、Samsung、Amazon.comなど

大手タブレットメーカー5社は第3四半期(2017年7〜9月期)にタブレットの出荷台数を増やした。これは何を意味するのか。Apple、Samsung、Amazon.com、Huawei、Microsoftの動向を探る。

[Ed Hardy,TechTarget]
画像 《クリックで拡大》

 大手タブレットメーカーのほぼ全てが第3四半期(7〜9月期)に出荷台数を増やした。Apple、Amazon.com、Huaweiは前年同期比で2桁以上の伸び率を記録している。Lenovoもほぼ同様に伸びを示したが、Samsung Electronicsのみが対前年比減となった。

 市場調査会社IDCは、世界のタブレット出荷台数が減少していると指摘するが、実質的にはこの減少傾向はとりわけアジアの小規模タブレットメーカーで起きている。上位5社だけで計算すると、出荷台数は第2四半期の2410万台から2670万台に増加し、伸び率11%を記録している。

表 《クリックで拡大》

企業別業績

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...