2017年11月27日 05時00分 公開
特集/連載

バックアップ用途だからこそフラッシュストレージが輝く理由IT部門の“クラウドベンダー化”にも貢献(2/2 ページ)

[Mike Matchett,TechTarget]
前のページへ 1|2       

「オンライン型」がもたらすメリット

 オンライン型のセカンダリーストレージシステムへ移行すれば、データを素早く見つけて復元できるようになる。ちょうどAppleの「Mac」が搭載するバックアップ機能「Time Machine」のようなものだ。企業はオンライン型のセカンダリーストレージシステムを活用することで、分析、機械学習、詳細履歴検索など、古くてアクセス頻度が低いビッグデータから、価値ある洞察を得ることが可能になる。

 これはバックアップとアーカイブの見事な融合といえる。障害からの回復(リカバリー)を目的としてデータを保護するバックアップと、長期的なデータ保持を目的としたアーカイブとの違いは、ますますなくなっている。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...