2018年02月05日 09時00分 公開
特集/連載

「非構造化データ」が“爆増”しても困らないストレージの条件とは?デジタルトランスフォーメーション(DX)時代の大問題(2/2 ページ)

[Steve Ricketts,TechTarget]
前のページへ 1|2       

柔軟性とコスト

 非構造化データ用ストレージシステムの多様な用途に対処するには、セカンダリーストレージシステムに柔軟性が必要になる。その一例が、ファイルやオブジェクトなど多様なデータを保管できるようにすることだ。Linux用の「NFS」やWindows用の「SMB」「CIFS」といったファイル共有プロトコルを利用できたり、Amazon Web Services(以下、AWS)の「Amazon S3」をはじめとするオブジェクトストレージシステムと連携できたりするスケールアウト型ストレージシステムが重要になる。

 真の柔軟性を手に入れるには、組み立て可能なアーキテクチャ、つまりモジュール方式であることも外せないだろう。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news163.jpg

半熟チーズケーキ、半熟カステラの次に来るのは? クックパッド「食トレンド予測2022」
キーワードは「新感覚」。2022年に流行の兆しが見えてきた食・料理は?

news115.jpg

レクサスが欧州で展開した「視聴者の顔色」を見てパーソナライズする広告について
トヨタ自動車の「レクサス」ブランドが欧州で展開した「Feel Your Best」キャンペーンは...

news068.jpg

Criteoが考えるサードパーティーCookie廃止後のデジタル広告
サードパーティーCookie廃止は広告プラットフォーム事業者にとって大きな転換点となる。...