ビジネスプロセス変革の大敵「不良データ」をどう対処するかデータ品質に関するチェックリスト

不良データはビジネスプロセス変革を阻害する。CIO(最高情報責任者)はこの問題を解決するために何をすべきか。まずはデータ品質に関わるチェックリストに回答してみよう。

2018年06月01日 05時00分 公開
[Dan MorrisTechTarget]

 あなたの会社のデータ品質に関わる以下の質問に目を通していただきたい。

  • データ管理チームはどのデータ要素についても、使われている可能性のあるアプリケーションを全て把握しているか
  • データ管理チームは、アプリケーションが使用する各データベースにおけるデータのフォーマットを把握しているか
  • 個々のデータの更新が、そのデータの存在する全ての場所で行われるか(あるデータが出現する場合のいずれにおいても、そのデータの最新バージョンが出現するか)
  • チームは、各アプリケーションにおけるデータ要素の最新の定義を完全に理解しているか
  • アプリケーション間のデータ移動を示すモデルは最新に保たれているか
  • 自社の専門家は、データがアプリケーション間を移動する際に、どのように変換されるかを把握しているか

 あなたがこれらの質問に「はい」と答えたなら、それは素晴らしいことだ。これまでの取り組みが順調であり、そのまま進めば、アプリケーション内の全データの正確性を確保できる。さらに重要なことに、経営陣に対し、社内の全てのデータ要素がその存在場所にかかわらず、同じ価値を持っていることを保証できるようになるだろう。つまり、デジタルエコノミーにおけるビジネスの成功を、IT部門がサポートする態勢が整っているということだ。

 しかし、大抵のCIOは、上の一部または全ての質問への答えが「いいえ」であるはずだ。実のところ、この状況は70年近くにわたって形作られてきている。それは、デジタルビジネスプロセスを変革する取り組みの大部分において、障害となっている。

データの混乱

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...