2017年05月18日 09時00分 公開
特集/連載

IoT時代のビッグデータアナリティクスは今までと何が違うのか?【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第4回(1/3 ページ)

ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。

[小林 泉, 大島玲子,SAS Institute Japan]

前回のあらすじ

仙人の導きによりアナリティクスの本質を理解した、燃える情報システム部門員の私。「データ分析をしたい」というユーザー部門に対し、BI(ビジネスインテリジェンス)などの見える化分析とアナリティクスの違いを説明し、アナリティクス実現に向けて大きく前進しました。「Apache Hadoop」やデータベースの専門知識がないユーザー部門担当者でもツールの活用により、簡単にHadoopでデータマネジメントができることを知る一方で、IT部門の新たな役割である「データスチュワード」の重要性に気付きました。最近、ユーザー部門から問い合わせが多い「IoT(モノのインターネット)」についても興味があるのですが、従来のビッグデータとの違いがいまひとつ分からず……。


 せ、仙人! どうしてそんな激流の中に突っ立ってるんですか? あ。やっぱり仙人たるもの、たまには修行とかしちゃうんですか?

 

激流

 相変わらず、残念なほどに読みが浅過ぎるのお。おぬしが前回、「IoTデータの分析って、今までのビッグデータ分析と何が違うんですかね」などと、のんきな質問をするから、体を張ってその違いを表現してやっておるんじゃ。おぬし、そもそもIoTとは何じゃと思う?

 はい、はい、はい! 私、知ってます。「Internet of Things」。つまり、いろんな「モノ」がインターネットにつながるってことですよね。冷蔵庫とか、電気メーターとか、車とか、工場設備とかまで、インターネットに接続しちゃうらしいですよね。

 ただ、モノがインターネットにつながって、何が変わるのかなあっていうのが、いまひとつ分からないんです。あと不思議なのは、ユーザー部門の人たちからIoTの話が出ると、決まって「人工知能(AI)」だの「マシンラーニング」だの、アナリティクスの話題が出てくるんですよね。あれ、そこ何でつながるの? って。

 こらこらこらー! 全くもって表面的過ぎて、IoTの本質をちっとも理解できておらんじゃないか! IoTが真価を発揮するためのキーワードは、ずばり、この3つじゃ。

  • Sense:現実空間のデジタル化
  • Understand:データの理解
  • Act:現実世界を最適化する行動
       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...