クラウド“三国志”、Microsoft AzureはAIとIoTに賭けるAzure、AWS、Googleの三つどもえ(2/2 ページ)

2018年10月18日 05時00分 公開
[John MooreTechTarget]
前のページへ 1|2       

IoTやAI関連で差異化

 Ignite 2018では特筆すべき製品のデビューやアップデートが豊富にあった。新製品の主役は、クラウド、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)関連だ。こうした新たな技術を打ち出すことは、AWSやGoogleとシェアを争うクラウド市場の中で、Microsoftが抜きん出る助けになる。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...