データレイクを「沼地」にしないために 2019年ストレージ技術予測AIとIoTでの活用が進む(2/3 ページ)

2019年03月05日 05時00分 公開
[Carol SliwaTechTarget]

ビッグデータ用ストレージアーキテクチャの最適化

Moor Insights&Strategyのスティーブ・マクドウェル氏(シニアアナリスト)

 IT強化の重要分野である「エッジコンピューティング」で注目なのは、主に処理能力とネットワークだ。エッジソリューションの担当者がストレージ管理の必要性を理解し始め、2019年にはこの状況が変わる。結局のところ、エッジはマイクロデータセンターだ。データを大量に消費するAIアプリケーションがエッジに配備され、5Gネットワークが本格的に展開されるようになるにつれて、この変化は加速するだろう。

StorageIOのグレッグ・シュルツ氏(シニアアドバイザリアナリスト)

 2019年、大企業向けデータストレージはコアクラウドとオンプレミス、エッジの分野まで拡大し、IoT、人工知能、ディープラーニング、機械学習、その他のデータ分析といった従来のワークロード増加に対応する。エッジデバイスのストレージには、4層NANDフラッシュなどの不揮発性メモリ(NVMe)のテクノロジーや、3D XPointなどのストレージクラスメモリ(SCM)の利用が増加する。どの技術を採用するかは、IT組織によって異なる。実績のある技術をベースに増強を志向する組織もあれば、新技術の評価や概念実証(PoC)テストを開始する組織もあるだろう。

Western Digitalのフィル・ブリンガー氏(データセンターシステム担当シニアバイスプレジデント兼GM)

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...