データレイクを「沼地」にしないために 2019年ストレージ技術予測AIとIoTでの活用が進む(3/3 ページ)

2019年03月05日 05時00分 公開
[Carol SliwaTechTarget]
前のページへ 1|2|3       

Red Hat Storageのランガ・ランガチャリ氏(副社長兼ゼネラルマネジャー)

 ストレージとハイパーコンバージェンスの境界はますます曖昧になっている。ストレージに関する顧客との会話は、今後はハイパーコンバージェンスについての会話になる。

画像 Red Hat Storageのランガ・ランガチャリ氏

 ハイパーコンバージェンスを今すぐ導入し始めるわけではないが、今後1〜2年の間には、既存の環境の中にハイパーコンバージェンス環境を構築する必要性と期待が高まるだろう。コンピューティングとストレージを独立させて管理する必要がなく、コンピューティング、ストレージ、ネットワークを1つの実体として管理するためのハイパーコンバージド(垂直統合)な方法を採用することで、経済的なメリットを享受し始める。

Cisco Systemsのメッツ氏

前のページへ 1|2|3       

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。