2019年03月27日 05時00分 公開
特集/連載

アドオン、レポート機能、モバイルサポートで比較多要素認証(MFA)製品ベンダー4社を比較 自社に最適な製品はどれ?

企業にとって適切な多要素認証ツールとはどのように決まるのだろうか。本稿では、多要素認証の主要ベンダーであるRSA Security、Symantec、CA Technologies、OneSpanの製品を、複数の観点から比較する。

[David Strom,TechTarget]
photo

 多要素認証(MFA)製品は企業に大きなメリットをもたらす可能性がある。しかしそのテクノロジーは複雑だ。ツールの仕組みもベンダーによって大きく異なることがある。

 各種MFA製品が自社のニーズや要件を満たすかどうかを確かめるには、各製品の使用例を調べることが役に立つ可能性がある。

 以下の4製品は、いずれも定評のあるMFAツールだ。

  • RSA Securityの「RSA Authentication Manager」
  • Symantecの「Symantec Validation and ID Protection」(Symantec VIP)
  • CA Technologiesの「CA Strong Authentication」
  • OneSpan(旧VASCO Data Security)の「OneSpan Authentication Server」(旧「Vasco Identikey Authentication Server」)

 それぞれ、多様なトークンの種類とアプリケーションを扱うことができる。本稿ではこれら4製品の特徴について、複数の観点から比較検討する。

 RSA Authentication Managerのサーバは、「Amazon Web Services」(AWS)に導入することで、そのインフラをクラウドに移動することが可能だ。RSA Authentication Managerは、VMwareとMicrosoftの仮想化環境の他、ソフトウェアを事前に組み込んだハードウェアアプライアンスでも利用できる。

 Symantec VIPはクラウドベースのサービスで、専用のオンプレミスサーバを必要とせずに強力な認証を実現する。

 CA Technologiesは名前が異なる2つのMFA製品を個別に提供している。クラウドサービスは「CA Secure Cloud」、Windowsバージョンは「CA Strong Authentication」と呼ばれる。

 OneSpan Authentication Serverは、VASCOの認証テクノロジーを全て利用可能だ。これには、VASCOが提供するMFAソフトウェアツールや「DIGIPASS」トークンなども含まれる。

利用できるアドオンを比較

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

LINE広告ネットワークで「動画リワード広告」の提供を開始
新たな広告収益源の創出に加え、インセンティブ付与によるアプリ内の活性化も促進。

news102.jpg

福田康隆氏がアドビ退社後初めて語ったB2Bマーケティング&セールスと自身の「これから」の話
アドビ システムズ専務執行役員の座を退いた福田康隆氏が新天地ジャパン・クラウドで再始...

news084.jpg

「応援消費」についてジャパンネット銀行が調査 共感できるものにお金を使いたい人が6割
人や企業、地域などを応援する目的の「応援消費」に関する調査です。