2019年03月27日 05時00分 公開
特集/連載

アドオン、レポート機能、モバイルサポートで比較多要素認証(MFA)製品ベンダー4社を比較 自社に最適な製品はどれ?

企業にとって適切な多要素認証ツールとはどのように決まるのだろうか。本稿では、多要素認証の主要ベンダーであるRSA Security、Symantec、CA Technologies、OneSpanの製品を、複数の観点から比較する。

[David Strom,TechTarget]
photo

 多要素認証(MFA)製品は企業に大きなメリットをもたらす可能性がある。しかしそのテクノロジーは複雑だ。ツールの仕組みもベンダーによって大きく異なることがある。

 各種MFA製品が自社のニーズや要件を満たすかどうかを確かめるには、各製品の使用例を調べることが役に立つ可能性がある。

 以下の4製品は、いずれも定評のあるMFAツールだ。

  • RSA Securityの「RSA Authentication Manager」
  • Symantecの「Symantec Validation and ID Protection」(Symantec VIP)
  • CA Technologiesの「CA Strong Authentication」
  • OneSpan(旧VASCO Data Security)の「OneSpan Authentication Server」(旧「Vasco Identikey Authentication Server」)

 それぞれ、多様なトークンの種類とアプリケーションを扱うことができる。本稿ではこれら4製品の特徴について、複数の観点から比較検討する。

 RSA Authentication Managerのサーバは、「Amazon Web Services」(AWS)に導入することで、そのインフラをクラウドに移動することが可能だ。RSA Authentication Managerは、VMwareとMicrosoftの仮想化環境の他、ソフトウェアを事前に組み込んだハードウェアアプライアンスでも利用できる。

 Symantec VIPはクラウドベースのサービスで、専用のオンプレミスサーバを必要とせずに強力な認証を実現する。

 CA Technologiesは名前が異なる2つのMFA製品を個別に提供している。クラウドサービスは「CA Secure Cloud」、Windowsバージョンは「CA Strong Authentication」と呼ばれる。

 OneSpan Authentication Serverは、VASCOの認証テクノロジーを全て利用可能だ。これには、VASCOが提供するMFAソフトウェアツールや「DIGIPASS」トークンなども含まれる。

利用できるアドオンを比較

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...