空港職員にマスクや消毒剤を安定供給 「BI」でやってみたら意外と簡単だった米国運輸保安庁(TSA)のBI活用術【前編】

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、企業はマスクや消毒剤などの供給を監視し、従業員の安全を可能な限り確保する必要がある。そのためのシステムを、BIツールを使って構築したのがTSAだ。その取り組みとは。

2021年03月23日 05時00分 公開
[Eric AvidonTechTarget]

 米国運輸保安庁(TSA)が業務効率の改善を目的に、MicroStrategyのビジネスインテリジェンス(BI)ツールに目を向けたのは約20年前のことだ。現在、TSAはそれを使って新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から職員を守っている。

コロナ禍でもBIツールが威力を発揮 マスクの供給維持に活躍

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...