2021年04月26日 05時00分 公開
特集/連載

投資顧問会社がコロナ禍で実感した「DaaSでテレワーク」のメリットとは?「DaaS」はテレワークの必需品か【前編】

投資顧問会社のJohnson Investment Counselは、テレワークにVMware製品ベースのDaaSを利用している。COVID-19の拡大を理由に全社的なテレワーク体制を開始した同社が、スムーズにテレワークへ移行できた理由とは。

[John Powers,TechTarget]

関連キーワード

DaaS | VMware | 事例 | デスクトップ仮想化


 投資顧問会社のJohnson Investment Counselは、Evolve IPのDaaS(Desktop as a Service)を使用している。Johnson Investment CounselはDaaSにより仮想デスクトップをクラウドサービスとして利用可能にすることで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴うテレワークへの移行に伴う問題を最小限にとどめることができた。

 COVID-19の拡大を受けて、Johnson Investment Counselのオフィスがあるオハイオ州の規制機関は、パンデミック(世界的大流行)が起きた際の訓練を同社に要請していた。同社は訓練を順調に進め、Evolve IPとの関係も確立させていたため、テレワークへの移行を順調に進めることができた。

「DaaS」はITチームにも従業員にもメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...