2021年04月26日 05時00分 公開
特集/連載

投資顧問会社がコロナ禍で実感した「DaaSでテレワーク」のメリットとは?「DaaS」はテレワークの必需品か【前編】

投資顧問会社のJohnson Investment Counselは、テレワークにVMware製品ベースのDaaSを利用している。COVID-19の拡大を理由に全社的なテレワーク体制を開始した同社が、スムーズにテレワークへ移行できた理由とは。

[John Powers,TechTarget]

関連キーワード

DaaS | VMware | 事例 | デスクトップ仮想化


 投資顧問会社のJohnson Investment Counselは、Evolve IPのDaaS(Desktop as a Service)を使用している。Johnson Investment CounselはDaaSにより仮想デスクトップをクラウドサービスとして利用可能にすることで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴うテレワークへの移行に伴う問題を最小限にとどめることができた。

 COVID-19の拡大を受けて、Johnson Investment Counselのオフィスがあるオハイオ州の規制機関は、パンデミック(世界的大流行)が起きた際の訓練を同社に要請していた。同社は訓練を順調に進め、Evolve IPとの関係も確立させていたため、テレワークへの移行を順調に進めることができた。

「DaaS」はITチームにも従業員にもメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...