投資顧問会社がコロナ禍で実感した「DaaSでテレワーク」のメリットとは?「DaaS」はテレワークの必需品か【前編】

投資顧問会社のJohnson Investment Counselは、テレワークにVMware製品ベースのDaaSを利用している。COVID-19の拡大を理由に全社的なテレワーク体制を開始した同社が、スムーズにテレワークへ移行できた理由とは。

2021年04月26日 05時00分 公開
[John PowersTechTarget]

関連キーワード

DaaS | VMware | 事例 | デスクトップ仮想化


 投資顧問会社のJohnson Investment Counselは、Evolve IPのDaaS(Desktop as a Service)を使用している。Johnson Investment CounselはDaaSにより仮想デスクトップをクラウドサービスとして利用可能にすることで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴うテレワークへの移行に伴う問題を最小限にとどめることができた。

「DaaS」はITチームにも従業員にもメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。