2021年04月26日 05時00分 公開
特集/連載

投資顧問会社がコロナ禍で実感した「DaaSでテレワーク」のメリットとは?「DaaS」はテレワークの必需品か【前編】

投資顧問会社のJohnson Investment Counselは、テレワークにVMware製品ベースのDaaSを利用している。COVID-19の拡大を理由に全社的なテレワーク体制を開始した同社が、スムーズにテレワークへ移行できた理由とは。

[John Powers,TechTarget]

関連キーワード

DaaS | VMware | 事例 | デスクトップ仮想化


 投資顧問会社のJohnson Investment Counselは、Evolve IPのDaaS(Desktop as a Service)を使用している。Johnson Investment CounselはDaaSにより仮想デスクトップをクラウドサービスとして利用可能にすることで、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴うテレワークへの移行に伴う問題を最小限にとどめることができた。

 COVID-19の拡大を受けて、Johnson Investment Counselのオフィスがあるオハイオ州の規制機関は、パンデミック(世界的大流行)が起きた際の訓練を同社に要請していた。同社は訓練を順調に進め、Evolve IPとの関係も確立させていたため、テレワークへの移行を順調に進めることができた。

「DaaS」はITチームにも従業員にもメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news054.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。

news061.jpg

売れる仕組みは「AI」で作る(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...