2021年06月28日 05時00分 公開
特集/連載

iOS新プライバシーは「Apple広告優遇のため」とFacebookが懸念 Appleの見解は「iPhone」の新しいプライバシー設定がもたらす影響【後編】

「iOS 14.5」の新しいプライバシー保護設定に、Facebookが懸念を示している。それはなぜなのか。その懸念は妥当なのか。Appleの言い分も踏まえて考える。

[Maxim TamarovTechTarget]

関連キーワード

Apple | iPhone


 Appleが「iOS 14.5」から搭載した新しいプライバシー保護設定は、一般消費者向けのオンライン広告を活用する企業に大きな影響を与える可能性がある。中小企業はこのアップデートが売り上げ減少を引き起こすことを懸念している。前編「『iOS 14.5』のプライバシー保護設定で広告売り上げ減を懸念する中小企業の本音」に続き、後編となる本稿は関連業界の反応を紹介する。

FacebookはiOS 14.5のプライバシー保護設定を批判

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年2月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news102.jpg

バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと...

news021.jpg

テストして分かった「Protected Audience API(旧FLEDGE)」 Cookieよりも期待できそうなこととは?
プライバシー保護を前提としつつ、Web上の行動追跡手段をどう確保するか。Googleがサード...