「iOS 14.5」のプライバシー保護設定で広告売り上げ減を懸念する中小企業の本音「iPhone」の新しいプライバシー設定がもたらす影響【前編】

Appleが「iOS 14.5」から搭載した新しいプライバシー保護設定は、広告売り上げをビジネスの軸にしている中小企業に大きな影響を与える可能性がある。どのような問題が起こるのか。幾つかの企業の声から探る。

2021年06月21日 05時00分 公開
[Maxim TamarovTechTarget]

関連キーワード

Apple | iPhone


 Appleが2021年4月に配信開始した「iOS 14.5」のアップグレードで、アプリケーションがユーザーのアクティビティをトラッキングするには、必ずユーザーに許可を求めなければならなくなった。ユーザーの多くが拒否を選択した場合、企業の売上高が大幅に減少する可能性があるという。

iOSプライバシー設定変更で「Android」と同じ広告戦略が使えなくなる?

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...