2021年06月22日 05時00分 公開
特集/連載

デンマーク工科大学が小児がん研究に「グラフデータベース」を活用する理由小児がん研究と「グラフデータベース」の可能性【前編】

デンマーク工科大学は、小児急性リンパ性白血病の研究データ処理にTigerGraphのグラフデータベース製品群を採用した。研究チームの目的にグラフデータベースが合致した理由とは。

[Eric Avidon,TechTarget]

関連キーワード

医療IT | 機械学習


 グラフデータベースは、広く使われているデータベースであるリレーショナルデータベースにはない構造的な利点がある。ここで言う「グラフ」は、組織、人、取引などの実体同士の関係を表したデータ構造を指す。グラフデータベースの便利な点は、洞察の材料となるデータセットを短時間で作成できること、データ同士の複雑な関係(例えば、ある個人と知り合いのネットワークや、ある細胞と他の細胞のネットワークなど)を明らかにできることなどが挙げられる。

 デンマーク工科大学(Technical University of Denmark)は、小児の急性リンパ性白血病の診断と治療に改善をもたらし、治癒率を向上させるための研究を進めている。その研究の中核にあるのがグラフデータベースだ。

デンマーク工科大学がグラフデータベースを必要とする“あの理由”

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...