デンマーク工科大学が小児がん研究に「グラフデータベース」を活用する理由小児がん研究と「グラフデータベース」の可能性【前編】

デンマーク工科大学は、小児急性リンパ性白血病の研究データ処理にTigerGraphのグラフデータベース製品群を採用した。研究チームの目的にグラフデータベースが合致した理由とは。

2021年06月22日 05時00分 公開
[Eric AvidonTechTarget]

関連キーワード

医療IT | 機械学習


 グラフデータベースは、広く使われているデータベースであるリレーショナルデータベースにはない構造的な利点がある。ここで言う「グラフ」は、組織、人、取引などの実体同士の関係を表したデータ構造を指す。グラフデータベースの便利な点は、洞察の材料となるデータセットを短時間で作成できること、データ同士の複雑な関係(例えば、ある個人と知り合いのネットワークや、ある細胞と他の細胞のネットワークなど)を明らかにできることなどが挙げられる。

 デンマーク工科大学(Technical University of Denmark)は、小児の急性リンパ性白血病の診断と治療に改善をもたらし、治癒率を向上させるための研究を進めている。その研究の中核にあるのがグラフデータベースだ。

デンマーク工科大学がグラフデータベースを必要とする“あの理由”

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...