Amazon配送車の車載カメラが引き起こす4つのプライバシー議論Amazonの車載カメラの是非を問う【中編】

Amazon.comは配送車両にカメラを搭載する。「ドライバーと地域の安全の確保」が目的だというのが、同社の主張だ。こうした同社の行動をきっかけに、プライバシーに関する議論が活発化しつつある。

2021年06月22日 05時00分 公開
[Mary K. PrattTechTarget]

関連キーワード

Amazon | セキュリティ | プライバシー


 Amazon.comは、車両管理ソフトウェアベンダーNetraDyneのAI(人工知能)技術を組み込んだカメラを配送車両に搭載して、車内外の様子を録画している。その目的は「ドライバーと地域の安全を守る」ことだというのがAmazon.comの主張だ。同社のドライバー監視は特に目新しいことではなく、他の運輸会社もカメラやGPS(全地球測位システム)、テレメトリー(遠隔情報収集)を使ってドライバーを監視している。企業は職場で従業員を監視してきた長い歴史があり、裁判所も企業がそうした技術を使って監視する権利を支持している。

 アナリストや研究者、専門家は、Amazon.comの動向に伴い「新しい問題や長年の問題を含め複数の議論が浮上した」と指摘する。議論は次の4つに集約できる。

議論1.監視の仕方

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...