2021年06月22日 05時00分 公開
特集/連載

Amazon配送車の車載カメラが引き起こす4つのプライバシー議論Amazonの車載カメラの是非を問う【中編】

Amazon.comは配送車両にカメラを搭載する。「ドライバーと地域の安全の確保」が目的だというのが、同社の主張だ。こうした同社の行動をきっかけに、プライバシーに関する議論が活発化しつつある。

[Mary K. PrattTechTarget]

関連キーワード

Amazon | セキュリティ | プライバシー


 Amazon.comは、車両管理ソフトウェアベンダーNetraDyneのAI(人工知能)技術を組み込んだカメラを配送車両に搭載して、車内外の様子を録画している。その目的は「ドライバーと地域の安全を守る」ことだというのがAmazon.comの主張だ。同社のドライバー監視は特に目新しいことではなく、他の運輸会社もカメラやGPS(全地球測位システム)、テレメトリー(遠隔情報収集)を使ってドライバーを監視している。企業は職場で従業員を監視してきた長い歴史があり、裁判所も企業がそうした技術を使って監視する権利を支持している。

 アナリストや研究者、専門家は、Amazon.comの動向に伴い「新しい問題や長年の問題を含め複数の議論が浮上した」と指摘する。議論は次の4つに集約できる。

議論1.監視の仕方

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...