2021年06月22日 05時00分 公開
特集/連載

「Amazon VPC」とは? AWSの仮想ネットワークサービス「Amazon VPC」と「Azure VNet」の違い【第1回】

Amazon Web Servicesが提供する仮想ネットワークサービスが「Amazon VPC」だ。その主要な機能と特徴を説明する。

[Adam BertramTechTarget]

 Amazon Web Services(AWS)とMicrosoftはIaaS(Infrastructure as a Service)市場の2大ベンダーだ。どちらのベンダーも、論理的に他のネットワークから分離した仮想ネットワークを構築するサービスを提供する。ただし両社の仮想ネットワークサービスは全く同じ機能を備えているわけではない。

 仮想ネットワークサービスであるAWSの「Amazon Virtual Private Cloud」(Amazon VPC)とMicrosoftの「Azure Virtual Network」(Azure VNet)には、幾つか大きな違いがある。本連載は、Amazon VPCとAzure VNetの主要な機能を説明し、両者を比較する。

「Amazon VPC」の基礎知識

 Amazon VPCは、仮想ネットワーク内で仮想マシンなどのAWSリソースを起動できるようにする。IT管理者はニーズに合わせて仮想ネットワークの機能を設定できる。Amazon VPCによって、IT管理者は例えば以下のタスクを実行可能だ。

  • サブネット(IPアドレスの範囲)を作成する
  • ルーティングテーブルとゲートウェイを構成する
  • 詳細なセキュリティポリシーを定める

主要な機能

 サブネットはAmazon VPCの核となる。サブネットを国に例えると、Amazon VPCの外部との通信が可能なサブネットである「パブリックサブネット」は、警備のための国境検問所を有する国。Amazon VPC内部のみでの通信が可能なサブネットである「プライベートサブネット」は、難攻不落の壁に囲まれる国となる。

 企業ではさまざまな部署が多様なリソースを有する。事業部門はWebサイトや業務アプリケーション、自社のプライベートネットワークへのアクセスを望む場合がある。IT部門はこのような場合に、サードパーティーのセキュリティ対策ツールでAmazon VPCのネットワークセキュリティを強化することが可能だ。例えばFortinetやトレンドマイクロ、IBMなどのベンダーが提供するセキュリティツールをAmazon VPCで利用できる。

 Amazon VPCの各サブネットにはIPv4アドレスの割り当てがある。IPv6アドレスも有効にすることが可能だ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。

news023.jpg

Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポー...