2010年07月22日 07時30分 UPDATE
特集/連載

「IT」から「BT」へビジネステクノロジーで変わるIT部門とビジネス部門の関係

現代のビジネステクノロジーは、単にビジネスニーズに対応するだけの域を超えている。進化したCIOは意見を持ち、非IT系の管理職と進んで協調しなければならない。

[Kristen Caretta,TechTarget]

 ビジネステクノロジー(BT)とはその名の通り、ビジネス部門のニーズに応えるテクノロジーのことだ。CEOとの密接な連携からビジネスニーズ対応強化のためのIT部門構造変革に至るまで、ITとビジネスとの関係を次のレベルに引き上げる。その概念は新しいものではないが、2010年5月26日に開催された「Forrester's IT Forum 2010」のテーマとして浮上した。

 Forrester Researchによるとその理由は、景気低迷と文化的変化がビジネスの在り方そのものに影響を及ぼす中で、顧客や過去の出席者から、このテーマについてさらなる情報を求める声が出たからだという。CIOの役割の変化について多くのことが語られる中、BTをどう使いこなすか、そしてその実現が実際にはいかに困難かについて、盛んに言い立てられている。

 StarbucksのCIO兼デジタルベンチャー担当ゼネラルマネジャー、スティーブン・ジレット氏は「ITは線引きの作業をやめて、木を動かす作業に着手する必要がある。ビジネス部門と連携したいと思ったら、なぜそうするのかを知る必要があり、意思決定の話し合いに加わらなければならない」と話す。

 現代のBTは、単にビジネスニーズに対応するだけの域を超えている。CIOなどのIT管理者は、こうしたサービスが組織にどう影響するかについて、最初から意見を持たなければならない。進化を続ける次世代のCIOの役割には、意見を持ち、非IT系の管理職と進んで協調することも含まれる。

 「CIOはもはやITの最高職ではなくなった。信頼性を高めビジネスへの理解を深めるために、CIOはほかのリーダーの役割においても成功を収める必要がある」とジレット氏は言う。

関連ホワイトペーパー

CIO | CEO


ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...