2021年10月26日 05時00分 公開
特集/連載

「VM」と「コンテナ」を比較 効率とセキュリティ面で軍配が上がるのは?「VM」と「コンテナ」のどちらを利用すべきか【前編】

VMとコンテナはどちらもアプリケーションを実行するためのインフラとして機能するが、メリットとデメリットは異なる。技術の仕組みとサーバ効率、セキュリティの観点から両者の違いを説明する。

[Tom Nolle,TechTarget]

 アプリケーションのインフラに仮想マシン(VM)とコンテナのどちらを使用するか検討するときは、2つの技術のメリットとリスクを体系的に評価するとよい。本稿は、これらの技術の仕組みと特徴、比較検討のポイントを説明する。

VMとコンテナの仕組み

 VMは物理サーバを仮想的に分割し、複数のサーバにしたものだ。各VMはOSやアプリケーションを実行するための専用のサーバとなる。サーバの仮想化には一般的にはハイパーバイザーを用いる。ハードウェアの共有方法はハイパーバイザーの機能によって異なるため、適切なハイパーバイザーを選ぶことが重要になる。

 コンテナをVMの一種だと考える人もいる。その考えは正しいとは言えない。コンテナは、コンテナをホストできる「Linux」といったOSで稼働する、アプリケーションの実行単位だ。

VMとコンテナの相違点

 VMとコンテナはアプリケーションを動かすときのサーバ効率やアプリケーション分離、セキュリティなどの点で異なる特性を持つ。以下で相違点を説明する。

1.サーバ効率

 各VMは個別のOSと、その他のミドルウェア、アプリケーションを実行する。1台の物理サーバで複数のVMを実行する際は、その分のリソースを消費することになる。コンテナは基本的にOSを共有する。そのためVMと比べて消費リソースを抑えやすく、場合によってはVMの2〜6倍に相当する数のコンテナを1台の物理サーバで実行できることがある。

2.アプリケーションの分離

 VMで稼働するアプリケーションは、同じ物理サーバで実行している他のアプリケーションから分離される。この仕組みにより「サイバー攻撃者がVMに侵入し、そのVMを踏み台にして同じ物理サーバで稼働する他のVMをハッキングする」という事態が起きる可能性を抑えている。

 コンテナと比べると、VMで稼働するアプリケーションは、物理サーバでリソースの競合相手となる他のアプリケーションの影響を受けにくい。コンテナは物理サーバのメモリやCPUでリソースの競合が発生すると、処理速度といったパフォーマンス低下につながりやすい。

3.セキュリティとコンプライアンス

 VMのセキュリティ手法ではアプリケーションとゲストOS、ハイパーバイザーそれぞれの間に境界を設けることができる。このことを考慮すると、事業にとって重要なアプリケーションのインフラとしては、VMに軍配が上がる可能性が高い。ただし他の考慮事項によってはコンテナが適している場合もある。


 後編はインフラ管理の観点からVMとコンテナを比較する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news127.jpg

業界特化型CDPソリューション「DOMA」 電通デジタルが提供開始
独自に構成したテンプレートを使って業界特化型の汎用パッケージを開発。迅速かつ低コス...

news107.jpg

マーケターこそ今知るべき「インクルージョン」について
世界的な広告会社のグローバルCMOにして社会活動家でもあるアシシュ・パラシャール氏が、...

news120.jpg

「Shufoo!」に動画チラシ機能 手持ちのチラシ素材とテンプレートで簡単に動画作成が可能に
管理画面から投稿したチラシ画像と商品画像を選択し、テンプレートに当てはめるだけで動...