2022年06月29日 05時00分 公開
特集/連載

macOSが使いたいのに使えないDaaSユーザーが選ぶべき“2番目のOS”とは?DaaSの世界に「macOS」を持ち込めるのか【第4回】

Appleのライセンス規約により、DaaSでは「macOS」を利用することが難しい。その代替策として使える、仮想デスクトップ利用に適したOSとは。

[Jo Harder,TechTarget]

関連キーワード

Apple | DaaS | OS | Windows | デスクトップ仮想化 | Mac


 仮想デスクトップのクラウドサービス「DaaS」(Desktop as a Service)で、AppleのクライアントOS「macOS」を利用することに対する需要は確実に存在する。だが本稿公開時点のAppleのライセンス規約に基づくと、開発者以外の一般ユーザーが、DaaSでmacOSの仮想デスクトップを利用することは難しい。

仮想デスクトップのOSにおけるmacOS以外の選択肢

 DaaSの仮想デスクトップで、ゲストOSとして利用できるOSは幾つかある。一般的な「Windows」に加えて、「Linux」を選ぶことも可能だ。ライセンスコスト削減を目的に、Windows以外のOSを求める企業にとって、Linuxは検討する価値がある。

 Linuxは企業のエンドユーザーにとって、操作のしやすさやWindowsソフトウェアの利用という観点で課題がある。オフィススイート「Microsoft Office」などのWindowsソフトウェアは、Linuxには直接インストールできないことが一般的だ。Linuxはエンドユーザーにはなじみが薄く、Windowsを使い慣れたエンドユーザーは利用時に混乱する可能性がある。

 マルチユーザー版の「Windows 10」と「Windows 11」は、MicrosoftのDaaS「Azure Virtual Desktop」独自の機能だ。Amazon Web Services(AWS)やGoogleなど、他のクラウドベンダーはマルチユーザー版のWindowsを提供できない。こうしたサードパーティーも、1ユーザーに対して1つのWindows仮想デスクトップは提供できる。

 WindowsはMicrosoft製のハードウェアに依存しない。そのためユーザー企業はデスクトップ仮想化の幅広い選択肢を確保でき、仮想デスクトップのコストを抑える方法を検討する余地がある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...