“デビットカードで外食”の9割がタッチ支払いに 「非接触型決済」進む英国非接触型決済が英国で急成長の「謎」【前編】

英国ではデビットカードによる非接触型決済の普及が進んでいる。どの程度進んでいるのか。金融機関Lloyds Banking Groupや業界団体UK Financeの調査を基に、その実態を探る。

2022年11月11日 10時00分 公開
[Karl FlindersTechTarget]

関連キーワード

新型コロナウイルス | 金融


 店頭でデビットカード決済をする際の手段として、英国消費者の87%がNFC(近距離無線通信)技術などの通信技術を用いた非接触型決済(専用端末にデビットカードをかざすだけで完了する決済)を選択する――。英国の金融機関Lloyds Banking Groupは、2022年9月に発表した調査結果で、こうした現状を示した。

普及が進む「非接触型決済」の気になる実態

 Lloyds Banking Groupの調査結果によると、店頭でのデビットカード決済のうち、レストランでは93%、スーパーマーケットでは86%が非接触型決済だった。この調査結果は、2019年6月〜2022年6月の間に、金融機関Lloyds Bank、Halifax、Bank of Scotlandの顧客のうち、デビットカードの非接触型決済を利用した顧客の決済データに基づく。

 非接触型決済の爆発的な普及は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)の影響だとLloyds Banking Groupはみる。同社によると、パンデミック初期の2019年6月には、店頭でのデビットカード決済に占める非接触型決済の割合は65%だった。2020年6月時点で72%、2021年6月時点で83%と増加。2022年6月には87%になった。

 「非接触型決済の利便性は、これほど長期的に成長している様子を見れば明らかだ」。Lloyds Bankで決済ディレクターを務めるギャビー・コリンズ氏はこう語る。

 英国の金融業界団体UK Financeが2022年10月に公開した調査結果では、英国で2022年7月にデビットカードやクレジットカードなど各種決済用カードによる非接触型決済は15億件あり、2021年7月(12億件)から25.5%上回った。2022年7月の非接触型決済の総額は234億ポンドで、2021年7月(149億ポンド)と比べて57%増となった。


 後編は、決済用カードによる非接触型決済が英国で広がる背景を深掘りする。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。