「Webブラウザがメモリを食い過ぎる」理由はこれだ特選プレミアムコンテンツガイド

Webブラウザが“重い”という問題は、Webブラウザがメモリを消費し過ぎていることが原因で起きている可能性がある。Webブラウザが過剰にメモリを消費するのはなぜか。消費量を抑える方法とは。

2023年03月02日 07時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 人気アーティストのライブチケットや話題のプラモデルの争奪戦から、業務アプリケーションによるビジネスプロセスの実行まで、Webブラウザは文字通りあらゆる活動の起点になりつつある。それほど大事な役割を担うWebブラウザがうまく動かなくなったとすれば、くだんの争奪戦に“門前払い”を食らうどころか、何より仕事にならなくなる。

 Webブラウザが突然重くなった――。こうしたトラブルはメモリ消費に起因する可能性がある。メモリ消費量が過剰になると、Webブラウザだけではなく、他のアプリケーションやPC全体の動作にも支障を来しかねない。Webブラウザがメモリを“食い過ぎる”のはなぜか。メモリ消費量を抑えるには、どうすればよいのか。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

Webブラウザ「メモリ使い過ぎ」防止法

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。