TechTargetジャパン

提供:東日本電信電話株式会社
「クラウドインフラ」アンケート結果:IaaS/PaaSの用途から課題まで徹底調査
キーマンズネットは、読者を対象にクラウドインフラに関する調査を実施した。本レポートでは、クラウドの利用傾向や導入目的、分野ごとの課題などをまとめている。(2017/3/23)

東芝のHDDにも動きが
HDD復活の理由とは? Seagateは容量ベースで過去最高を記録
ストレージ分野ではベンダーも評論家も専門メディアも「これからはオールフラッシュ、HDDは滅びる」と力説するが、HDDは意外としぶといようだ。(2017/3/23)

製品選定前に読んでおきたい基礎技術 バックアップ編【第3回】
バックアップツールの主要機能、重複排除、レプリケーション、DRを押さえる
バックアップツールを用いれば、重複排除やレプリケーション、災害対策(DR)が可能だ。今後は、バックアップデータをビジネスに活用するためのデータの可視化が注目を集める。(2017/3/23)

製品選定前に読んでおきたい基礎技術 バックアップ編【第2回】
クラウド/仮想化時代に知っておきたい、バックアップの種類、方法、格納先
企業システムで求められるバックアップ要件を基に、バックアップの種類や手法、格納先、そして仮想環境のバックアップ方法について解説する。(2017/3/22)

Mobile World Congress 2017で発表
徹底レビュー:低価格で話題のNokia 6、Nokia 5、Nokia 3 スマートフォン市場で逆襲は?
MWC 2017で新たにAndroidスマホ3機種を発表したNokia。ミッドレンジ、ローエンドの新製品を紹介する。(2017/3/19)

テープがついに引退し、クラウドをDRで利用?
企業向けデータ管理の主要技術、2017年はどうなる?
2017年、企業でのデータ管理の在り方はどのように変わるのか。DR目的でのクラウド利用やテープストレージの終わりの始まりなど、起こり得る5つの事象を予測する。(2017/3/17)

セキュリティ投資は倍増へ
高度化するデータ侵害に“やられっ放し”の医療現場がやっと対策を本格化
2015年は大規模な医療データの侵害があった。2016年は破壊的なランサムウェア攻撃が目立った。そして2017年、医療現場のサイバーセキュリティは巻き返しを見せるかもしれない。(2017/3/16)

その安定した性能に信頼を寄せる企業多数
「コンバージドインフラは滅びぬ。何度でもよみがえるさ」といえる根拠とは
コンバージドインフラを、ハイパーコンバージドインフラとクラウドコンピューティングが取って代ろうとしている。だが、コンバージドインフラは今でも堅牢で有益なプラットフォームだ。(2017/3/13)

多くの企業が払い過ぎ?
クラウドストレージの容量契約の見極め方
今やほとんどの企業がファイルサーバを運用している。その運営コストや労力を削減するためにクラウド移行を検討するとき、たまりにたまった“無駄”が邪魔をすることになる。(2017/3/9)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第5回】
【徹底比較】統合型バックアップアプライアンスを比較、主要5製品の特徴は?
ArcserveやDell EMC、Barracuda、Veritasといった主要ベンダーの統合型バックアップアプライアンスを比較し、それぞれのメリット/デメリットを解説した。比較表は無料でダウンロードできる。(2017/3/13)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第7回】
攻撃者にとっての「ランサムウェア」は“ゴールドラッシュ”、必須の対策は?
身代金要求型不正プログラム(ランサムウェア)が依然として猛威を振るっており、対策は待ったなしの状況です。現状の被害傾向を踏まえ、最低限対策すべきことを紹介します。(2017/3/6)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】バックアップ/リカバリ環境に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「バックアップ/リカバリ環境」についてお伺いします。(2017/3/6)

6つのポイントを解説
Windows 10のセキュリティ対策、標準ツール「Windows Defender」以外にすべきことは?
あらゆるOSと同様、「Windows 10」でもセキュリティは非常に重要だ。さまざまな手段を活用してWindows 10デバイスのセキュリティを強化する必要がある。(2017/3/6)

医療機関がサイバー犯罪者に狙われる
2017年も被害は続く? 病院を狙うランサムウェア攻撃を防ぐ5つのヒント
2016年に最もサイバー攻撃の標的になったのは医療機関だという調査結果がある。2017年もその状況は続くだろう。だがIT担当者が適切な対策を続けることで、攻撃を防ぐことは可能だ。5つのコツを紹介する。(2017/3/6)

弱点だったコストもTCOでは優位に
「全てのストレージがフラッシュになる時代は確実に来る」の技術的根拠は?
オールフラッシュアレイストレージのTCOの優位性(電力や冷却に要する費用の少なさ、処理能力の高さなど)は、企業がアクティブワークロードの保存に使用する理由にもなる。(2017/3/3)

特選プレミアムコンテンツガイド
医療機関へのサイバー攻撃は避けられないリスク、データを確実に守る方法は
米国では医療機関を狙うサイバー攻撃が1日に4000件も発生しているという。もはやサイバー攻撃は避けられないと考えたほうがよさそうだ。重要なデータを保護するために必要な要素を専門家が解説する。(2017/3/3)

手遅れになる前に対処すべき3つのポイント
「Windows 10」のセキュリティ対策が台無しに、ユーザーがやりがちなミスとは
「Windows 10」のセキュリティに関しては留意すべき点が多く、基本を見過ごしがちだ。本稿では常に注意を払うべき3つの項目について紹介する。(2017/3/1)

複雑さ、コスト、パフォーマンスの壁
こんなはずじゃなかった仮想デスクトップ、失敗企業が見落とした3つの課題
IT部門がVDI(仮想デスクトップインフラ)の実装計画を実行する際には、複雑さ、コスト、パフォーマンスに関する問題に留意しなければならない。(2017/2/28)

機密データを公にさらす
バックアップが役に立たない? 新型ランサムウェア「ドキシウェア」の脅威
新型のランサムウェアだといわれる「ドキシウェア」は、従来のランサムウェアと何が違うのか。専門家の声を基に、その実態を探る。(2017/2/28)

製品選定前に読んでおきたい基礎技術 バックアップ編【第1回】
いまさら聞けない、バックアップ技術の学習で欠かせない3つの基礎
バックアップ技術を学習する上で必要になる前提知識として、リストア、必要な資源、サービスレベルの3点について解説する。(2017/2/27)

スマートフォンと連係する製品も登場
外出先での仕事をはかどらせる「モバイルプリンタ」が注目される訳
スマートフォンやタブレットが普及したことで、外出先でもオフィスと同様に生産的な仕事をこなせる時代が到来した。そんな状況になったら、モバイルプリンタは必須アイテムになるかもしれない。(2017/2/25)

ベンダーの“希望的観測”を検証する
2017年のストレージ市場、ベンダーの“大いなる希望”と“渋い現実”のギャップは?
データストレージベンダーが2017年のデータストレージ技術について発表した予想を、長年この業界をチェックしてきた専門家が検証する。(2017/2/23)

「iOS 10.1」と「iOS 10.2」では修正済み
一体なぜ? 数分で破られた「iOS 10」ローカルバックアップパスワードの脆弱性
2016年、「iOS 10」のパスワード照合システムに不備があり、ハッカーがローカルバックアップを容易に解読できてしまうという問題が発覚した。どうすればこの問題は防げたのだろうか。(2017/2/23)

ユーザー企業は「価格重視」志向
調査で分かったバックアップアプライアンス市場動向、「ディスク」「クラウド」に注目
今は大量のデータが急速に生成され、それに伴ってリスクが増加している時代だ。そんな状況におけるバックアップ市場のニーズを満たしているのが、クラウドとディスクベースのストレージアプライアンスだ。(2017/2/21)

データバックアップに不備
データ消失事故を起こしたGitLab、IT運用戦略を専門家が疑問視
DevOpsの“運用面”はおろそかになっていないか? GitLabで発生したデータ消失事故を教訓に、企業はこの点を問い直すべきだと専門家たちは語る。(2017/2/15)

OSのハードニングの基本をおさらい
Windows 10をまずは“丸裸”に、究極のセキュリティ強化法とは?
「Windows 10」は恐らくこれまでで最もセキュリティレベルの高いWindowsだ。だが、Windowsをハードニング(堅牢化)することで、システムのセキュリティをさらに強固にすることが可能だ。(2017/2/15)

製品選定前に読んでおきたい基礎技術 ハイパーコンバージド編
ズバリ、ハイパーコンバージドを導入する3つのメリット
ITインフラのキーテクノロジーとして注目を集めているハイパーコンバージドの概要と、導入で得られるメリットについて紹介する。(2017/2/14)

注目技術の行方
競争が激化するSD-WAN市場、2017年に注目すべき7つのトレンド
2016年はSD-WAN技術が飛躍的に進歩して普及に勢いが付いた。用途やサプライヤーの数も増えている。2017年のSD-WANの展望について7つのトレンドを紹介する。(2017/2/9)

攻撃耐性は高いが……
「Windows 10」を過信する人々が見過ごす5つのセキュリティリスク
ユーザーが呼び込むリスクやデスクトップセキュリティの甘い基準など、Windows 10に存在する最大のセキュリティ問題を管理者は忘れがちだ。(2017/2/3)

サーバの優劣は管理機能が決める
x86サーバ単体の統合的な管理を提供するDell EMC PowerEdge iDRAC(アイドラック)
サーバの使い勝手を左右するのは、性能だけではない。今後のサーバを導入する指針としては、単なるスペックではなく、どれだけ管理性能が優れているかが重要な要素になる。(2017/1/30)

NoSQLデータベース「Couchbase Mobile」を活用
GEの産業用IoTプラットフォーム「Predix」がオフライン対応、その仕組みとは
General ElectricがNoSQLデータベース「Couchbase」を採用。GEの産業向けIoTプラットフォーム「Predix」にオフライン機能を追加した。(2017/1/27)

データセンター設計に欠かせないスキル
仕事で一皮むけたいなら知っておきたい、“5大”データセンター認定資格
データセンターに関する認定資格はVMwareやCisco Systemsなどから提供されており、管理者のキャリアアップに役立つ。本稿で紹介する5つの認定資格のどれかを受験して、知識を広げてみてはいかがだろうか。(2017/1/26)

ストレージテクノロジーの2017年話題のトレンド【後編】
NVMe対応で復活するファイバーチャネル、SDSはハードの「価格下落」が追い風に
本稿では、データストレージテクノロジーのトレンドの中から、2017年に盛り上がりそうなものを取り上げる。後編ではNVMe、SDS、超高速ファイバーチャネルがテーマだ。(2017/1/23)

ストレージテクノロジーの2017年話題のトレンド【前編】
コンテナ“一強”時代に変化の兆し、 SSDは高密度競争へ
本稿では、データストレージテクノロジーのトレンドの中から、2017年に盛り上がりそうなものを取り上げる。前編ではクラウド間バックアップ、コンテナ、大容量SSDがテーマだ。(2017/1/17)

Nutanixに続くことができるか
ハイパーコンバージドインフラ市場、これから要注目の3社とその技術
ハイパーコンバージド市場は新興企業が群雄割拠する場ではなくなった。SimpliVity、Pivot3、Scale Computingのような企業は、Nutanixやサーバ、そしてストレージの大手企業と新たな戦いを繰り広げている。(2016/12/27)

私たちはどこで道を誤ったのか
40年前の人が夢見た「完全ペーパーレスオフィス」が実現しないのはなぜ?
多くの企業では、ペーパーレスの価値を認識しているにもかかわらず、さまざまな理由で後回しにされ、ペーパーレスオフィスはなかなか実現しない。だからといって、ペーパーレス化を諦めてもいいものだろうか?(2016/12/25)

貴重な情報を失わないために
災害対策の基本、データセンターを正しく停止させるためのチェックリスト
データセンターを停止させる場合に備えたチェックリストを作っておけば、電源を落として貴重な情報が失われる前に、ITチームがバックアップとテスト、システム確認を重点的に行う一助となる。(2016/12/21)

決めたルールは厳格順守
モバイルデバイスセキュリティ“最善策”ガイドライン
モバイルセキュリティは簡単なことではないが、ファイル同期/共有製品やモバイルデバイス管理ソフトウェアを利用すると、企業データの保護を強化できる。(2016/12/21)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第4回】
【徹底比較】ターゲット型アプライアンス主要製品を比較、バックアップソフトとの接続性も
4つの主要なターゲット型バックアップアプライアンス製品を徹底比較。重複排除の範囲や接続プロトコル、価格などに着目した。連係するバックアップソフトとの相性など、製品選定時の注意点も解説。比較表は無料でダウンロードできる。(2016/12/22)

Computer Weekly製品ガイド
クラウドバーストの利用が伸びない理由
クラウドバーストの魅力は理解しやすい。だが少なくとも現時点では、それに伴う複雑さがメリットをかき消している。(2016/12/20)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
アサヒグループが「ストレージ基盤の刷新」で性能とコストの課題を解消
ITインフラの性能を左右し、根幹を支えるストレージ。最近ではディスクからフラッシュへの移行や重複排除など、関連技術の発展で飛躍的な性能向上を見せている。その実態をアサヒグループなど導入企業の事例を基に紹介する。(2016/12/19)

古典的な“物理的”手法に要警戒
「何かあったら被害甚大」なテープバックアップの確実なセキュリティ対策とは
テープは携帯性に優れ、テラバイト規模のデータを1本のカートリッジに記録できる。それだけに適切なセキュリティ対策が不可欠だ。(2016/12/15)

連載「最新のOpen Compute Projectで何が変わった」第4回
Open Compute Projectが目指した「データセンター電力効率99%超」、その成否は?
そもそもFacebookがサーバをはじめとするデファクトスタンダード規格を提唱したのは、データセンターの電力効率を改善するためだった。その試みは成功したのだろうか。(2016/12/15)

既存SIerとの連携を強みに
クラウド導入の“駆け込み寺”、cloudpackが考えるAWS移行 成功の法則
AWSの導入支援サービスを手掛けるcloudpackは、顧客のあらゆる要望に応える気概と技術力を備えたSIerだ。レガシーからの移行であっても、ユーザー企業に負担を掛けない、長期的なプランを提案してくれるはずだ。(2016/12/15)

3つの移行パターンで解説
技術を超えて企業文化も変革を、サーバーワークスが語るクラウド移行の勘所
AWSに特化したインテグレーターとして名高いサーバーワークス。同社は、企業がクラウド導入を成功させるコツを「企業文化の変革にある」と主張する。AWSへの移行ノウハウを幾つかの事例とともに紹介しよう。(2016/12/15)

技術革新で100TB超へ
高額な大容量SSDがバックアップ用途でも普及、HDD置き換えが急速に進む理由は
大容量SSDは、バックアップとリカバリーの計画にメリットをもたらす可能性がある。SSDを使用することでバックアップ処理時間はどのように短縮されるのだろうか。(2016/12/13)

懸念される重要インフラへの影響
「ランサムウェア」感染で運賃が無料に? 米市営交通局で何が起きたのか
米サンフランシスコ市交通局がランサムウェア攻撃を受け、運賃を一時無料化する事態に追い込まれた。身代金を払うことなくシステムを復旧させたものの、課題は残る。(2016/12/7)

飲料業界が脱紙書類!
北陸コカ・コーラボトリングが電子帳票システムを大幅改修する4つの目的
帳票電子化により、帳票運用と業務はどう変わるのか? 大手飲料販売会社の導入事例をカギに、帳票電子化の生産性向上効果を考える。(2016/12/9)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
ランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない
国内でも感染被害が急拡大しているランサムウェアだが、その感染を完全に防ぐことは難しく、予防策と同時に事後策を用意しておくことが望ましい。そこで注目されるのが「バックアップによるデータ保護」だ。なぜバックアップなのか。(2016/11/30)

プライバシーポリシーの合意が鍵
自分のスマホはIT部門に監視されている? BYODの“被害妄想”を払拭するには
従業員のプライバシーポリシーは、モバイルワーカーを抱えるあらゆる企業にとって必要だ。企業が従業員を安心させてデータを保護するためには。(2016/11/28)

Loading