2006年08月11日 08時30分 UPDATE
特集/連載

Column携帯電話による「注意欠陥症候群」が増加中?

生産性を高める目的で利用しているはずの携帯電話やPDA。だが、絶え間なく届くメッセージに忙殺されれば、かえって生産性を損なうことになってしまう。

[Gopal K. Kapur,TechTarget]

 ある深刻な問題が、至るところでプロジェクトを脅かしている。この問題は主に、管理注意欠陥症候群(MADS;management attention deficit syndrome)に起因している。つまり、モバイル技術中毒のような症状だ。MADSにかかったマネジャーは、常に「うわの空」で「不注意」だ。これは、プロジェクトの失敗をもたらす2つの特性と言えるだろう。ここでは、MADSがどのようにして大混乱を引き起こすかを説明しよう。

 最近、ある製薬会社のCIOが数百万ドル規模のコンプライアンスプロジェクトをめぐる問題を私に打ち明けてきた。この16カ月に及ぶプロジェクトは、予算的にもスケジュール的にも当初の予定を大幅にオーバーしていた。このプロジェクトには未解決の重要な問題が多数残っていたため、このCIOは私に、チームマネジャーらがプロジェクトガバナンスの方法論を確実に理解できるよう、1日がかりでブリーフィングを行うよう依頼してきた。

 このプロジェクトを取り巻く諸問題の根源は比較的すぐに判明した。アプリケーションマネジャーとその直属の部下4名は皆、ブリーフィングセッションに丸1日を費やすことなどできない、とかたくなに拒否してきたのだ。結局、グループの9人のマネジャー向けに半日間のセッションを行うことで折り合いが付いた。

 セッション当日、私は午前8時からのブリーフィングのために午前7時半に到着した。私に入室許可を与える立場にいるコーディネーターはまだ来ていなかった。このコーディネーターが交通渋滞を言い訳にイライラした様子で到着したのは8時10分だった。そこで、われわれはブリーフィングルームに移ったが、そこには4人しかいなかった。先に到着していたほかのメンバーらは、ほかにやることがあるからと言って、すでに退室していたのだ。8時25分には、グループマネジャーが携帯電話で話をしながら現れた。コーディネーターは、ほかの参加者たちを探しに慌てて部屋を出て行った。ブリーフィングはようやく8時50分に始まったが、3人の出席者は結局見つからなかった。セッションの最中、グループマネジャーはかかってきた5件の電話のうち4件に応じ、そのうち3件については退室した。彼女は結局、全部で30分間、部屋を離れていた。もう1人のマネジャーはかかってきた3件の電話のうち2件に応じ、そのうち1件については退室した。セッション中、そのほかの出席者は携帯電話とBlackBerryでメッセージをチェックしていたが、部屋を出ていくことはなかった。

 皆の注意がこのように散漫なのでは、プロジェクトが頓挫するのも無理はない。

リスクは誰もに

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

サイバーエージェント、レコメンドエンジンに人工知能を用いたテキスト解析技術を応用
サイバーエージェントのエディトリアルアドスタジオは、レコメンド エンジンの技術開発に...

news098.jpg

「WeChat」など中国の主要ソーシャルメディアへの広告出稿、テンセントIBGが日本企業向け支援サービス提供
テンセントIBGは、訪日中国人観光客の急増によるビジネス機会の獲得を目指す日本企業を対...

news115.jpg

2020年度にはCRM市場の4割弱がクラウド型に――ミック経済研究所が予測
ミック経済研究所は、CRM分野におけるクラウド型市場の現状と中期予測をまとめた「クラウ...