2007年09月06日 05時00分 UPDATE
特集/連載

XPはいつまで使えるかVistaを飛ばして「Windows 7」を待つべきか?

Vista後継の「Windows 7」が3年後に登場するというニュースに、IT管理者の不安が募っている。Vistaを飛ばして待った方がいいのか、専門家に意見を聴いた。

[Margie Semilof,TechTarget]

 Microsoft幹部は最近、営業要員に対し、Windows Vistaの次のクライアント版「Windows 7」は3年後になると説明した。Gartnerのコンサルタント、マイケル・シルバー氏のところには、このニュースを聞いたIT管理者からの電話が相次いだという。

 Windows XPや旧バージョンのWindowsを使っている組織では、管理者が不安を募らせている。Windows Vistaは飛ばしてWindows 7を待つべきなのか。TechTargetのマギー・セミロフが、Gartnerのコンサルタント、マイケル・シルバー氏にWindows 7について話を聴いた。

―― MicrosoftはWindows次期バージョンについて、3年後になるという以外はごくわずかな情報しか公開していないが、IT部門にとってこの情報はどの程度の意味があるのか。

シルバー Microsoftが何をやっても、行き着くところはトラブルだ。同社が(Windowsの将来バージョンについて)何か言えば、ユーザーはVistaを飛ばすことを考え、トラブルになる。何も言わなければ、Microsoftは計画を立てられないと言われる。

 (Windows新バージョンについては)どこかの時点で計画を立てなければならないが、Microsoftはそれがどんなものになるかを明かしていない。たぶん同社にも分からないのかもしれないし、このような早い段階で約束をしたくないのかもしれない。両方ともあり得る話だ。しかしこれは、すぐにでも考えておかなければならないことではない。大企業にとって大切なのは、Vistaを搭載した新しいマシンの導入だ。

―― 待つことのリスクは?

シルバー 次のバージョンは常に存在する。3年後に出荷されるとしても、ほとんどの組織はさらに1年から1年半待つことになり、その後テストも必要になる。もし2009年に出荷されるとして、導入できるのは2011年だ。XPを2011年まで使い続けるのはある意味で危険だ。もし(Windows 7が)遅れたらどうするのか。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

マーケティングオートメーション、8割の企業がつまずく「導入後」の話
苦労の末に社内の合意を取り付け、ようやくマーケティングオートメーション導入が実現。...

news088.jpg

Jストリーム、360度動画の制作配信サービスを提供開始
動画配信のJストリームは、360度動画の制作およびライブ/オンデマンド配信を行う「J-Str...

news039.jpg

SSP「fluct」、ユーザー企業にモバイルアプリ向けマーケティングツール「Repro」を提供開始
fluctはReproと提携し、SSP「fluct」を利用するアプリディベロッパーに対し、モバイルア...