2007年07月17日 05時00分 UPDATE
特集/連載

Active Directoryはそのまま使えるか?Windows Vistaの互換性問題、その現状と対策

Windows Vistaは大部分、既存のActive Directoryネットワークに統合できる設計になっているが、IT管理者が知っておくべき問題が幾つかある。

[Laura E. Hunter,TechTarget]

 Windows Vistaの導入を検討しているIT管理者にとって、恐らく最も重要なのは互換性の問題だろう。Windows Vistaは社内環境でどの程度互換性があるのか。既存のインフラにVistaをシームレスに導入できるのか、それともVistaクライアントを会社のネットワークに加えるには、Active Directoryなどのネットワークコンポーネントを大幅に修正する必要があるのか。

 幸いなことに、Windows Vistaは大部分、既存のActive Directoryネットワークに統合できる設計になっている。Windows Server 2008のリリースまで待たなくても、Vistaを導入することは全般的には可能だ。しかし、IT管理者が知っておくべき問題が幾つかある。

Windows Server 2003用の管理ツール

 現時点で、MSIインストーラ「adminpak.msi」のVista対応版は存在しない。adminpak.msiではActive Directoryユーザーとコンピュータ、ADドメインとトラスト、ADサイトとサービスといったMMCスナップインをインストールできる。しかしこれらのツールはデフォルトではWindows Vistaで機能しない。スタートメニューにショートカットが表示されず、スナップインを手動でロードしようとするとエラーが出る。新バージョンが出るまでの間、2003 Active DirectoryネットワークをVistaクライアントから管理するには、adminpakツールに関連したDLLを手動で登録するしか方法がない。このプロセスは手間が掛かるが、「Windows Vista-basedコンピュータにWindows Server 2003管理ツールをインストールすると、インストールエラーと互換性問題が発生します。」というMicrosoftのサポート技術情報で詳しく解説されている。

Microsoft Exchange用の管理ツール

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

10代女子に聞いたお年玉の使い道、「貯金」「推し活」が上位に――バイドゥ調べ
イマドキの女子はもらったお年玉をどう使っているのでしょうか。

news093.jpg

バレンタインデーにお菓子を手作りする理由 「愛の告白」はわずか0.5%――クックパッド調査
バレンタインデーに「愛の告白」は絶滅の危機にあるそうです。

news078.jpg

Instagramのマーケティング活用――主要機能のまとめと活用事例で学ぶ
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにして不定期で...