2007年11月21日 04時45分 UPDATE
特集/連載

Mac OS X Leopardから可能にApple、Leopard Serverの仮想化を許可

Leopard Serverでは、1台のApple Xserve上で複数のライセンスコピーのLeopard Serverを実行できる。ただし、仮想化プロバイダーのソフトウェアが同プラットフォームをサポートすることが条件だ。

[Alex Barrett,TechTarget]

 Appleは自社のOSの動作は自社のハードウェア上でしか認めないという方針を堅持しているが、こと仮想化に関するかぎり、同社はやや態度を軟化させた。

 Appleのエンドユーザーライセンス(EULA)によると、10月末に出荷されたMac OS Xの最新版である「Leopard Server」では、ライセンシーは1台のAppleブランドのサーバプラットフォーム上で複数のライセンスコピーのLeopard Serverを実行できるとされている。従来のAppleのEULAでは、1台のハードウェアプラットフォーム上でMac OS X Serverの1つのインスタンスを実行することしか許されなかった。

 この変更を最初に報告したのは、ウィスコンシン・マディソン大学のシニアシステムエンジニア、デイブ・シュローダー氏だ。同氏はこの変更について「MacEnterprise.org」メーリングリストに投稿し、Appleのサーバハードウェアの有効活用を可能にするものとしてこの動きを歓迎した。

 「当大学では、AppleのXserve(Appleのサーバハードウェアプラットフォーム)の大半が稼働していないが、さまざまな理由でMac OS X Serverを各マシンにインストールする必要がある。複数のMac OS X Serverを1台のサーバマシンに統合できれば素晴らしいのだが。そうなれば、コストを大幅に削減できるため、多数のタスクにおいてMac OS X Serverが再び魅力的な選択肢になるだろう」とシュローダー氏は記している。

関連ホワイトペーパー

Apple | 仮想化 | サーバ | VMware


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...