2006年07月13日 09時13分 公開
特集/連載

ニューヨーク近代美術館がSANを支持しない理由Case Study

高画質の美術データベースを稼働させているアップルのサーバやビジネス用のWindowsサーバが混在する環境にSANを導入することは、技術的にもコスト的にも困難であることが判明した。

[TechTarget]

 ストレージの集中化がブームのようだが、少なくとも、ある大規模組織はそれを支持していない。ニューヨーク市のニューヨーク近代美術館(MoMA)だ。

 MoMAは1929年に教育機関として設立され、今では世界で最も有名なモダンアート/コンテンポラリーアートの美術館となっている。MoMAは2004年に4億ドル規模のリニューアルを終え、現在1日の来館者数は5人〜1万5000人程度。同館のIT環境では、Windows 2000、Windows Server 2003、アップルのMac OS、IBMのOS/400などのOSが動作する100台以上のアプリケーションサーバを保守しながら、6カ所のリモートサイトの750人以上のユーザーをサポートしている。

 MoMAのCIOを務めるスティーブ・ペルツマン氏によれば、同館は5年ほど前に“アルファベット3文字の会社”のSAN(ストレージエリアネットワーク)製品を購入したが、ほどなくして、そのマシンには、あまり重要ではないビジネスデータやテストデータが保存されるだけになったという。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...