2008年01月08日 18時58分 UPDATE
ニュース

NEWSフレパー・ネットワークス、物流センターを利用した分散ストレージサービスの構築を開始

広域負荷分散ストレージサービス「Digital Data DAM」を応用した自動遠隔分散システムにNTTロジスコの物流センターを利用した、バックアップストレージサービス「Digital Data Bank」の構築を開始

[TechTarget]

 フレパー・ネットワークスは1月8日、同社の広域負荷分散ストレージサービス「Digital Data DAM」を応用した自動遠隔分散システムにNTTロジスコの全国16拠点の物流センターを利用したバックアップストレージサービス「Digital Data Bank」の構築を開始した。

 Digital Data Bankは、各種文書ファイルやメールアーカイブ、画像、音声、監視カメラ映像などのデータを自動的に複数拠点にバックアップするほか、バックアップデータを外部メディアにコピーしたり指定場所へ配送したりできるストレージサービス。データは常時複数台のサーバに自動保管されるため、データ消失の不安を解消できることなどが特徴。また、アップローダの提供により技術者の人的リソースを軽減できるとしている。

 現在、Digital Data Bankは2008年3月の販売開始に向け、フレパー・ネットワークスとNTTロジスコの取引企業を中心に実証実験からの利用促進を展開している。企業が管理するPCに保存されたデータをバックアップする「オフィス版」と、企業が運用するサーバに保存されたデータをバックアップする「データセンター版」を提供予定。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...