2008年01月11日 19時57分 UPDATE
ニュース

NEWSワッセイ・ソフトウェア・テクノロジー、シンクライアントOSを発売

ネットワークブート型のシンクライアントOS「Phantosys」を、開発元である台湾ARGTEK COMMUICATIONと日本国内における独占販売権の締結により発売

[TechTarget]

 ワッセイ・ソフトウェア・テクノロジーは1月11日、ネットワークブート型シンクライアントOS「Phantosys」の日本語版を、2月下旬から発売すると発表した。

 本製品は、ディスクレスの専用シンクライアント端末ではなく、一般に使われているPCをそのままシンクライアント端末として利用することが可能。クライアントの起動イメージを自由に設定できる「マルチレイヤードノード方式」を採用するため、1つのディスクイメージファイルの中に複数の環境(異なるOSなど)も構築できる。各ノードは、上位ノードとの差分データしか必要としないため、ディスクの使用量を最小にでき、さまざまなクライアント環境が混在する環境も柔軟に構築できるという。また、万一クライアントPCにトラブルが生じた際にも、直前の状態にいつでも復帰することができる。なおクライアントPCはネットワークブート規格PXE 2.0をサポートすることが条件。

 今回の発売は、同社とPhantosysの開発元である台湾ARGTEK COMMUICATIONとの日本国内における独占販売権の締結によるもの。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...