2008年02月07日 18時25分 UPDATE
ニュース

NEWSNEC、大規模SAN環境を統合管理するミドルウェア「WebSAM Storage ControlCenter」を発売

EMCとNECは両社の技術を持ち寄り、複雑で大規模なマルチベンダーのSAN環境を統合管理するミドルウェアを製品化。

[TechTarget]

 NECは2月7日、複雑で大規模なSAN環境を統合管理するミドルウェア「WebSAM Storage ControlCenter」の販売を開始した。本製品は、同社のパートナーであるEMCのストレージ管理技術にNECの運用管理技術を融合させ製品化したもの。

 WebSAM Storage ControlCenterは、SAN環境内のストレージ、ファイバーチャネルスイッチ、サーバを1つの画面、統一された操作で一元管理することができる。ストレージはNECの「iStorage」に加え、EMCのストレージをはじめとする異機種ストレージを統合管理でき、サーバ、ファイバーチャネルスイッチについても幅広い機種の管理が可能だという。また、GUIによる接続・稼働状況の表示やストレージの割り当て・使用率の自動リポート出力なども可能となっている。

 価格(税抜き)は227万円から。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | ストレージ | SAN | EMC | ミドルウェア | サーバ


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...