2008年02月15日 19時50分 UPDATE
ニュース

NEWSオリオグローバル、シンクライアント環境で文書共有を実現するミドルウェアを発売

文書共有のほか、特定の文書を配信・収集できるシンクライアント環境を低価格で構築。サーバ管理者の負荷やコストの軽減を支援する。

[TechTarget]

 オリオグローバルは2月15日、韓国TILON Technologyのミドルウェアソフト「TusKan Professional Server 2007」の国内販売を開始した。2月28日より出荷開始予定。

 本製品は、サーバベースコンピューティングを構築可能なミドルウェア。Webストレージ機能によりデータはすべてサーバ側に保存され、保存された文書はExplorer風のファイル共有ツール「Tinplore」からダブルクリックで開くことができる。また、ユーザーやグループごとに共有ディレクトリを作成したり、Excel/Wordのデータを特定のユーザーに配信・収集できるなど、シンクライアント環境での文書共有を実現する。

 ユーザー登録・アプリケーション登録・セキュリティ設定などは管理画面からウィザード形式で行うことができる。また、ユーザーが利用しているアプリケーションに対してのリモート管理も行える。

 クライアントPCごとに管理していたアプリケーションをサーバに統合することで、ソフトウェア更新パッチの適用がサーバのみで対応できるため、管理コストの削減にも有効としている。

 価格は1ユーザー当たり5万円からで、ASP向け月額ライセンスも用意されている。

関連ホワイトペーパー

シンクライアント | ミドルウェア | 文書管理


ITmedia マーケティング新着記事

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...

news056.jpg

デジタル投資の意思決定、キーパーソンはCFOに――アクセンチュア調査
アクセンチュアの最新調査によると、企業のデジタル投資に関する意思決定でCFO(最高財務...