2008年02月18日 20時31分 UPDATE
ニュース

NEWS日立と日本CA、指静脈認証によるWebアプリのSSOシステムを共同開発

日立の「指静脈認証管理システム」と日本CAの「CA SiteMinder Web Access Manager」を連携。情報システムを利用する際に必要なパスワード入力を指静脈認証に代替しセキュリティを強化する。

[ITmedia]

 日立製作所と日本CAは2月18日、ユーザーの利便性とセキュリティレベルの向上を実現する「セキュアシングルサインオンシステム」を共同で開発し、同日より提供を開始した。

 セキュアシングルサインオンシステムは、日立の指静脈認証技術を活用した「指静脈認証管理システム」と、日本CAのWebアプリケーションアクセス管理製品「CA SiteMinder Web Access Manager」(以下、CA SiteMinder)を連携させたシステム。Webアプリケーションシステムを利用する際に必要なパスワード入力を指静脈認証で代替し、一度の認証で複数のアプリケーションを利用できるシングルサインオン(SSO)を実現する。また、CA SiteMinderの機能により、システムのアクセス制御やその記録を一元管理できる。

ttnews021801.jpg 指静脈認証管理システムとCA SiteMinderによるセキュアシングルサインオンシステムの概要

 生体認証を採用することで利用者の利便性が向上し、第三者によるなりすましを防げるほか、IT内部統制整備への対応や、アクセスの一元管理による情報システム運用コストの削減が可能になるとしている。 

 価格は個別見積もりとなる。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...