2008年03月05日 18時38分 UPDATE
ニュース

NEWSボーランド、ソフトウェア共同開発を支援する構成・変更管理ツールの最新版

ソフトウェア開発プロジェクトで発生するソースコードや関連ドキュメントなどの成果物と、プロジェクトメンバーの作業を一元的に管理できるStarTeamの最新版を販売開始した。

[TechTarget]

 ボーランドは3月5日、ソフトウェア開発における構成・変更管理ツールの最新バージョン「Borland StarTeam 2008日本語版」の販売および出荷を開始した。

 StarTeamは、ソースコードやドキュメントなどの成果物と変更履歴をデータベース上で管理するための「構成管理」機能(バージョン管理、リリース管理、アクセス管理)と、バグ修正や機能追加などソフトウェア開発における変更要求とその作業プロセスや履歴を管理するための「変更管理」機能(要求管理、プロセス管理、作業管理)を装備している。

 最新版ではキャッシュ機能が強化され、ソースコードやドキュメントなどのファイル単位だけでなく、変更要求やタスクなどのオブジェクトもキャッシュ機能の対象となったため、遠隔地からのアクセスがより高速に行えるようになった。また、同一リリースにおけるベースラインの差分抽出が可能になり、各ビルド間の比較が容易に実行できるようになるなど、ユーザービリティーの向上を図っている。

 対応プラットフォームは、クライアント環境にWindows Vista、サーバ対応データベースに64ビット対応版OracleおよびSQL Server 2005が追加された。

 価格は、1指名ユーザーライセンスが15万7500円から、1同時ユーザーライセンスが47万2500円から(ともに税込み)となる。

関連ホワイトペーパー

ボーランド | バージョン管理 | 開発プロセス


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...