2008年03月07日 19時27分 UPDATE
ニュース

NEWSHDEがサーバ監視ソフトの最新版を発売、RHEL 5など44種類のOSに対応

リポート機能を強化し、週間リポートのダウンロードが可能に。また管理対象OSを合計44種類に拡大した。

[TechTarget]

 HDEは3月7日、サーバ監視ソフトウェア「HDE Center」の最新版「HDE Center 4.5」を発表した。3月26日より全国の販売代理店を通じて販売開始する。

 HDE Centerは、Webブラウザを使用して複数サーバを集中管理できるサーバ監視ソフトウェア。監視対象にエージェント(常駐ソフト)をインストールする方式を採用、障害発生時には障害検知だけでなく、サービスの再起動など事前に指定した任意のスクリプトを自動的に実行できるため、障害の自動復旧も可能だ。

 最新版ではサーバステータスのリポート機能を強化しており、従来、年間・月間までしか生成できなかったリポートを週間で生成できるようになった。また、最新のLinux OS「Red Hat Enterprise Linux 5 Server(RHEL 5)」「CentOS 5.x」に対応し、RHEL 5、CentOS 5.xのi386版とともにx86_64版も管理対象にできる。これにより、HDE Centerの対応OSやディストリビューションは合計44種類となった。

画像 パフォーマンス管理画面。選択対象のパフォーマンス状況をグラフィカルに表示する《クリックで拡大》
画像 リポート設定画面。週間リポートのダウンロードが可能になった《クリックで拡大》

 価格は基本パック 3ノードが40万3200円、追加1ノードライセンスが12万7680円(ともに税込み)となる。

関連ホワイトペーパー

サーバ | 運用管理 | Red Hat(レッドハット) | x86


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...