2008年03月11日 18時40分 UPDATE
ニュース

NEWSビジネスオブジェクツ、すべてのBI機能を集約した「BusinessObjects XI 3.0」を発表

「BusinessObjects XI 3.0」ではリポーティング、クエリ/分析、ダッシュボード、検索などBIの各機能を1つのプラットフォームに統合、情報へのアクセス性を向上させた。

[TechTarget]

 SAP傘下の日本ビジネスオブジェクツは3月11日、BI(Business Intelligence)プラットフォームの最新版として「BusinessObjects XI 3.0」を発表した。

 BIに必要とされるリポーティング、クエリ/分析、ダッシュボード、高度な予測分析機能を単一のプラットフォームに統合。物理的データの統合機能「BusinessObjects Data Integrator」、データクオリティの管理・向上機能「BusinessObjects Data Quality」も統合し、さらにSAPアプリケーションのサポートを強化することにより、より多くの社員が情報を活用できるようにした。また、モバイル機能を強化しており、セキュアなリモートアクセスやオフライン環境での分析が可能だ。

 本製品には、リポーティングの標準ツール「Crystal Reports 2008」、高度なクエリ、リポート/分析機能を提供する「Web Intelligence」、データを対話型ダッシュボードとして共有化する「Xcelsius 2008」、ビジネス情報を迅速に検索できる「Polestar」、個別設定されたメトリックをウィジェットとしてPCのデスクトップ上に直接配置できる「BI Widgets」など多くの機能が含まれている。

 なお、BusinessObjects XI 3.0は2008年第2四半期に、「BusinessObjects XI 3.0 Mobile」「BusinessObjects XI 3.0 Polestar」は2008年後半に出荷開始を予定している。

関連ホワイトペーパー

BI(ビジネスインテリジェンス) | SAP


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...