2008年03月18日 20時13分 UPDATE
ニュース

NEWSジュニパー、セキュリティ機能をルータOS「JUNOS」に統合

セキュリティアプライアンスに搭載される「ScreenOS」のセキュリティ機能を統合したモジュラー型ネットワークOSの最新バージョン「JUNOS 9.0」をリリース。

[TechTarget]

 ジュニパーネットワークスは3月18日、同社のルータ機器などに搭載されるモジュラー型共通OSの最新バージョン「JUNOS 9.0」をリリース、サービスルータ「Jシリーズ」に搭載すると発表した。

 JUNOS 9.0では、同社のセキュリティアプライアンス「NetScreenシリーズ」「SSGシリーズ」「ISGシリーズ」に搭載されているファイアウォール/IPsec VPNデバイス用OS「ScreenOS」のセキュリティ機能の一部を統合。ルータのセキュリティレベルを向上するだけでなく、ルーティングとセキュリティの機能を統合することでシステム更新などのメンテナンスを簡便化することができる。

 新たにJUNOS 9.0を搭載したJシリーズは、「J2320」「J2350」「J4350」「J6350」の4機種(価格はすべてオープン価格)。ScreenOSのステートフルファイアウォール機能を実装しており、DoS(サービス妨害)攻撃などの外部からの脅威からネットワークを保護するほか、簡単な設定でIPsec VPNを構築できる。また、クラスタリングやシステムレベルでの障害回復機能に対応しており、機器やサービスの障害発生時でもネットワーク接続を維持できるという。

画像 J2320

 なおScreenOSは、今後もセキュリティアプライアンスの専用OSとして、JUNOSとは別個にアップデートが行われていく予定。

関連ホワイトペーパー

ルータ | ファイアウォール | VPN


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...