2008年03月26日 19時49分 UPDATE
ニュース

NEWSサン、VMware環境との親和性を高めたVDI統合ソフトの最新版

VMware Infrastructure 3を実行するWindows仮想デスクトップ環境とのブリッジ機能と、その仮想デスクトッププールの運用管理機能を提供する。

[TechTarget]

 サン・マイクロシステムズは3月26日、仮想デスクトップ環境統合ソフトウェアの最新版「Sun Virtual Desktop Infrastructure Software 2.0」(以下、Sun VDI Software)の販売を開始した。

 SunVDI Softwareは、Javaが実行可能なPCや同社のSun Rayのようなシンクライアント端末、モバイル機器などの一般的なクライアント端末から、データセンターで管理されるSolaris、Windows、Linux、UNIXなどの仮想デスクトップ環境へのアクセスを可能にするソフトウェア。

 最新版では、「VMware Infrastructure 3」を実行するWindows仮想デスクトップ環境とのブリッジ機能「Sun Virtual Desktop Connector」と、その仮想デスクトップを特定ユーザーに割り当てる仮想デスクトッププール管理機能が追加され、VMware Infrastructureを利用した仮想デスクトップ環境との親和性を高めた。これにより、ユーザーはVMware Infrastructure 3上のWindows仮想デスクトップ環境をSun RayやPCなどの作業状況に最も適した端末間で移動でき、さらに、社内のSun Ray環境上のデスクトップに自宅のPCからSSLを使って安全にアクセスすることができる。

 価格は、1同時接続ユーザーライセンスで1万8000円(税抜き)。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...